新羅「赫居世居西干」百済「温祚王」高句麗「東明聖王」

418SZpPJrZDNjR
古代の朝鮮半島に存在した国家
「百済」があった場所はどこ?
下図参照
朝鮮半島の南3つに別れた部分の一番西側(答)
57%

056ChpTmPO
紀元前57年
朝鮮半島に新羅を建国し
初代国王となった人物は?
世干赫西居居
赫居世居西干(答)
かくきょせいきょせいかん
23%

並び替え時には、同音せい「世」「西」の順にご注意ください。

CIMG2842
次の朝鮮半島にあった国と
初代国王の
正しい組み合わせを選びなさい
高句麗───東明聖王 とうめいせいおう
百済───温祚王 おんそおう
新羅───赫居世居西干 かくきょせいきょせいかん

FBGbxDm
引用元:三国時代 (朝鮮半島) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%9B%BD%E6%99%82%E4%BB%A3_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6)

赫居世居西干(かくきょせい きょせいかん、紀元前69年? – 後4年 )は、斯蘆国の初代の王(在位:紀元前57年? – 4年)であり、姓を朴、名を赫居世とする。
>赫は朴と同音(パルク)で新羅語の光明の意、居世は吉支(キシ=王)と同音として、光明王(もしくは聖王)の意味とする説、「赫」は辰韓の語で瓠の意味とする説、「赫居」と日本語のヒコ(日子)やホコ(矛)との関係をみる説等がある[6]。『三国遺事』の指定する訓によれば「世」の字は「内」と読み「赫居世」は世の中を照らす意味という[7]。
引用元:赫居世居西干 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%AB%E5%B1%85%E4%B8%96%E5%B1%85%E8%A5%BF%E5%B9%B2

温祚王(おんそおう、生年未詳 – 後28年)は百済の初代の王(在位: 前18年 – 後28年)。源流を扶余に求める神話を持ち、氏は扶余、または余とする。
引用元:温祚王 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A9%E7%A5%9A%E7%8E%8B#.E5.BB.BA.E5.9B.BD.E7.A5.9E.E8.A9.B1

東明聖王(とうめいせいおう、(紀元前58年 – 紀元前19年)は、高句麗の初代(在位:紀元前37年 – 紀元前19年)とされる指導者であり、東明王とも呼ばれる。姓は高、諱は朱蒙(しゅもう、チュモン)または鄒牟(すうむ、추모、チュモ)、衆解(しゅうかい、중해、チュンヘ)とされる[1]。扶余の金蛙王(きんあおう)の庶子とされる。扶余の7人の王子と対立し、卒本(ジョルボン 遼寧省本渓市桓仁)に亡命して高句麗を建国、初代指導者となった。 [2]。
引用元:東明聖王 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%98%8E%E8%81%96%E7%8E%8B#.E5.BB.BA.E5.9B.BD.E7.A5.9E.E8.A9.B1