「川田順」老いらくの恋の歌人

037JBFmLfR
1948年に弟子の大学教授夫人
鈴鹿俊子と恋に落ち
「老いらくの恋」と
話題になった歌人は?
石村順
松崎徹
川原忍
川田順(答)
30%

川田 順(かわだ じゅん、1882年(明治15年)1月15日 – 1966年(昭和41年)1月22日)は、歌人、実業家。住友総本社常務理事。漢学者川田甕江の三男。女優・歌手の佐良直美は従曾孫娘。
>元来、住友では中途で外部の官学出身者を引き抜いて採用していたが、1907年(明治40年)に新卒の第1期定期採用がスタートし、川田ら東大法科出身者は7名、京大法科出身者が5名の計12名が入社した。1930年(昭和5年)に理事就任後、同年一足飛びで常務理事に就任、1936年(昭和11年)、鈴木馬左也の後任として住友の総帥の座である総理事就任がほぼ確定していたが、自らの器に非ずとして自己都合で退職した[1]。その間佐佐木信綱門下の歌人として「新古今集」の研究家としても活躍。1942年4月に歌集『鷲』『国初聖蹟歌』で第1回帝国芸術院賞受賞[2]。1944年に朝日文化賞受賞。戦後は皇太子の作歌指導や歌会始選者をつとめた。
1948年京都大学経済学部教授・中川与之助夫人で歌人の鈴鹿俊子との恋に苦しみ、自殺未遂を起こし、いわゆる”老いらくの恋”と騒がれた末に結婚した。1963年日本芸術院会員。従曾孫に佐良直美がいる。
引用元:川田順 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%94%B0%E9%A0%86

鈴鹿 俊子(すずか としこ、1909年9月18日 – 2008年2月20日)は、日本の歌人、随筆家。川田順の妻。本名・川田俊子。
京都生まれ。同志社女子専門学校(のち同志社女子大学)中退。京都大学教授(経済学者)中川与之助と結婚。1942年「ハハキギ」に入会。1944年から川田順に師事するが恋となり、1948年川田は苦しんで自殺未遂を起こし「老いらくの恋」として世間を騒がせるが、中川が離婚を承諾し、1949年結婚。女人短歌会会員。
引用元:鈴鹿俊子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E9%B9%BF%E4%BF%8A%E5%AD%90

おいらく‐の‐こい〔‐こひ〕【老いらくの恋】

年老いてからの恋愛。昭和23年(1948)、68歳の歌人川田順が弟子と恋愛、家出し、「墓場に近き老いらくの、恋は怖るる何ものもなし」と詠んだことから生まれた語。
引用元:老いらくの恋(オイラクノコイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%80%81%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%8F%E3%81%AE%E6%81%8B-448612