「ムムターズ」・マハル 墓廟「タージ・マハル」

263YQyxTqX
インドを代表する世界遺産の
タージ・マハルは、ムガル帝国
第5代皇帝が愛妃◯◯◯◯◯・
マハルの死を悼んで建てたもの?
ムジャッタ
スムューズ
アズタマン
ムムターズ(答)
「ムムターズ・マハル」
50%

302dPPBsviyEz
17世紀後半に在位し
ムガル帝国最大の領土を築いた
第6代皇帝は?
ウラーングブアゼ
アウラングゼーブ(答)
引用元:アウラングゼーブ ムガル帝国第6代皇帝 最大領土 http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/5424/

CIMG5013
サンスクリット語で「愛の神殿」
という意味があるゲラン社の香水
シャリマー(答)
引用元:「オピウム」イブ・サンローラン「印籠をイメージ」「阿片」の意 「4711」世界初のドイツのオーデコロン「ナポレオン・フランス軍下の建物番号に由来」 http://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/12595/

シャリマー
愛の殿堂
Guerlain
インドの大帝シャー・ジャハーンと愛妃ムムターズ・マハルの400年前の愛の物語。ふたりは豪華な庭園、シャリマー(サンスクリット語で「愛の殿堂」の意)で愛を誓い合いました。美しい妻が亡くなった後、彼が22年の歳月をかけて築いた霊廟こそが、世界遺産として有名なタージ・マハルです。
引用元:シャリマー – Guerlain http://www.guerlain.com/jp/ja/gerannituite/xiang-zheng-de-nakorekusiyon/siyarima

CIMG2712aEPsHsOBuaLQ
次のうち、2007年に
「新・世界七不思議」に
選ばれた名所を全て選びなさい
(画像選択肢)
○1タージマハル
×2アンコールワット
○3コロッセオ
×4ピラミッド

○チチェン・イッツァのピラミッド
○コルコバードのイエス・キリスト像
○万里の長城
×サグラダファミリア
×モアイ像
×自由の女神像
×ピサの斜塔
引用元:大理石 中国雲南省「大理」から 世界七不思議「タージ・マハル」大理石建造物 http://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/6748/

ムムターズ・マハル(ヒンディー語: मुमताज़ महल Mumtāz Mahal, ペルシア語: ممتاز محل‎ Momtāz-i Maḥal, 1595年4月6日 – 1631年6月17日)は、北インド、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの皇妃で、第6代皇帝アウラングゼーブの母。
宮廷の大富豪アーサフ・ハーンの娘で、本名はアルジュマンド・バーヌー・ベーグム(ارجمند بانو بیگم Arjumand Bānū Bēgum)という。ムムターズ・マハルとはペルシア語で「愛でられし王宮の光彩」「宮廷の選ばれし者」を意味する言葉であり、第4代皇帝ジャハーンギールから授けられた称号である。
>1631年6月17日、シャー・ジャハーンのデカン遠征中、遠征先で第14子ガウハーラーラー・ベーグムを生んだあと36歳で産褥死した[5]。シャー・ジャハーンはその死を大いに悲しみ、彼女の廟としてタージ・マハルを建立し来世を弔った。
引用元:ムムターズ・マハル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%A0%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%AB