「蘇我稲目」「蘇我馬子」「蘇我蝦夷」「蘇我入鹿」

238VDtrZFy
次の飛鳥時代の豪族
蘇我氏の一族を
生まれたのが早い順に
選びなさい
蘇我稲目
蘇我馬子
蘇我蝦夷
蘇我入鹿
44%

蘇我氏(そがうじ)は、「蘇我」を氏の名とする氏族。姓は臣(おみ)。
古墳時代から飛鳥時代(6世紀 – 7世紀前半)に勢力を持ち、代々大臣(おおおみ)を出していた有力豪族である。
渡来系の氏族と深い関係にあったと見られ、王権の職業奴属民としての役割を担っていた渡来人の品部の集団などが持つ当時の先進技術が蘇我氏の台頭の一助になったと考えられている。また、仏教が伝来した際にそれをいち早く取り入れたのも蘇我氏であったとされる。これは、朝廷の祭祀を任されていた連姓の物部氏、中臣氏を牽制する為の目的も有ったと推察される。
6世紀後半には今の奈良県高市郡近辺を勢力下においていたと思われている。蘇我氏が政治の実権を掌握した時代以後、その地域に集中的に天皇の宮がおかれるようになったことからもうかがわれる。
引用元:蘇我氏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E6%B0%8F
rescXNM
引用元:ファイル:Soga faminy tree.svg – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Soga_faminy_tree.svg

蘇我 稲目(そが の いなめ、生年不詳(一説に武烈天皇8年(506年)頃)[1] – 欽明天皇32年3月1日(570年3月22日))は、古墳時代の豪族。蘇我高麗の子、蘇我馬子ら4男3女の父。娘3人を天皇に嫁がせた。馬子が葛城県を本居としているため、稲目の妻は葛城氏の出と推測される。
引用元:蘇我稲目 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E7%A8%B2%E7%9B%AE

蘇我 馬子(そが の うまこ)[注釈 1]は、飛鳥時代の政治家、貴族。邸宅に島を浮かべた池があったことから嶋大臣とも呼ばれた。
敏達天皇のとき大臣に就き、 以降、用明天皇、崇峻天皇、推古天皇の4代に仕え、54年に亘り権勢を振るい、蘇我氏の全盛時代を築く。
引用元:蘇我馬子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E9%A6%AC%E5%AD%90

蘇我 蝦夷(そが の えみし)は、飛鳥時代の政治家、貴族。大臣として権勢を振るうが乙巳の変で自害した。
引用元:蘇我蝦夷 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E8%9D%A6%E5%A4%B7

蘇我 入鹿(そが の いるか、推古天皇18年(610年)? – 皇極天皇4年(645年)6月12日)は、飛鳥時代の豪族。
大臣として大和朝廷の有力者であったが、大化の改新の前夜乙巳の変において討たれ、その後蘇我氏が凋落するきっかけとなった。
引用元:蘇我入鹿 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87%E6%88%91%E5%85%A5%E9%B9%BF