「リチャード3世」2013レスターの駐車場から遺骨発見

061cVAiHgI
2013年に、イングランド中部・
レスターの駐車場から発掘された
のは、中世のイングランド王で
ある誰の遺骨?
エドワード4世
メアリー1世
ヘンリー7世
リチャード3世(答)
51%

リチャード3世(英語: Richard III, 1452年10月2日 – 1485年8月22日)は、ヨーク朝最後のイングランド王(在位:1483年 – 1485年)。薔薇戦争の最後を飾る王である。エドワード3世の曾孫ヨーク公リチャード・プランタジネットとセシリー・ネヴィルの八男で、即位前はグロスター公に叙されていた。戦死した最後のイングランド王であるが、他に戦死した王は1066年にヘイスティングズの戦いで敗死したハロルド2世と、1199年に矢傷がもとで死亡したリチャード1世がいるのみである。1484年1月に王直属の機関として紋章院を創設したことでも知られる。旗印は白い猪、銘は”Loyaulte Me Lie (ロワイヨテ・ム・リ)”で意味は、古いラテン語で「忠誠がわれを縛る」。
>遺体[編集]
2012年8月、リチャード3世の遺骨が、記録された埋葬場所と一致するレスター市中心部の駐車場の地下から発見された。遺骨は頭蓋骨に戦闘で受けたとみられる複数の傷があり、また脊柱に強い脊椎側彎症が確認された。王の遺骨発見に大きく貢献した歴史家のジョン・アッシュダウン・ヒル博士によって探し出されたリチャード3世の姉アン・オブ・ヨーク(en, 1439年 – 1476年)の女系の子孫(カナダ人マイケル・イブセン)のミトコンドリアDNA鑑定をレスター大学が行い、2013年2月に遺骨をリチャード3世のものと断定した[1]。
引用元:リチャード3世 (イングランド王) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%893%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)

【ロンドン】英国レスター大学の研究者グループは4日、長い間所在が不明だった15世紀のイングランド王リチャード3世の遺骨が約530年ぶりに発見され、本物と確認されたと発表した。遺骨は昨年9月、レスター市庁舎の駐車場の地中から発掘された。

 今回の発見で、シェークスピア劇やハリウッド映画に取り上げられ、イングランドで最も民衆の興味をそそる支配者の一人であったリチャード3世をめぐる謎が解けそうな気配だ。

 レスター大学の研究者は4日の記者会見で、修道院の発掘現場で発見された遺骨をDNA鑑定した結果、リチャード3世の姉の子孫2人のサンプルと一致したと発表した。これとは別の遺骨分析では、発掘された遺骨と、伝えられているリチャード3世の身体的特徴に顕著な共通点がみられたという。
引用元:リチャード3世の遺骨、530年ぶりに確認 – WSJ http://jp.wsj.com/articles/SB10001424127887324261304578284580694746680

【3月27日 AFP】駐車場の下という不名誉な埋葬場所から見つかったイングランド王リチャード3世(Richard III)の遺骨が26日、その死から530年を経てようやく丁重に埋葬された。

 2012年にリチャード3世の遺骨が発見された場所から近いレスター大聖堂(Leicester Cathedral)で行われた埋葬の式典では、遺骨を納めた棺が地中にゆっくりと下ろされた。同大聖堂の前には弔意を示すために数千人が集まった。参列したエリザベス女王(Queen Elizabeth II)は、手書きのメッセージを送り、リチャード3世はようやく「安らかに眠れる」だろうと述べた。
引用元:リチャード3世の遺骨を再埋葬、死後530年 写真18枚 国際ニュース:AFPBB News http://www.afpbb.com/articles/-/3043740