『谷間のゆり』フェリックスとアンリエット 1835バルザック『ゴリオ爺さん』1865キャロル『不思議の国のアリス』1919モーム『月と六ペンス』

020MFvWWmO
主人公はフェリックス
ヒロインはアンリエット
貴族の夫人と青年の恋
バルザックの小説
『レ・ミゼラブル』
『狭き門』
『谷間の百合』(答)1836
『ゴリオ爺さん』
49%

abXLVDR
谷間のゆり
バルザック
宮崎 嶺雄 訳
不幸な少年時代を送った青年フェリックスは,はるかに年上の伯爵夫人に熱烈な恋心を抱く.夫人はみたされぬ結婚生活に悩みながらも,あくまで母のような,精神的な愛をもって応えようとする.しかしその心の奥底には,はげしい愛欲が秘められていた…….霊肉の相克に苦しむ人間の姿を,非情な筆致で描きだす恋愛小説の古典.
引用元:岩波書店 http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?isbn=ISBN4-00-325302-7

CIMG1857QxLuGYShPyil
1937年ノーベル文学賞受賞
『モモール大佐の回想』
『ジャン・バロア』
『チボー家の人々』
アンドレ・ジイド
マルタン・デュ・ガール(答)
フローベール
アナトール・フランス

055FHBTtIr
次の文学作品を
書かれたのが
早い順に選びなさい
『ガリバー旅行記』 1726スウィフト
『ゴリオ爺さん』 1835バルザック
『不思議の国のアリス』 1865ルイス・キャロル
『月と六ペンス』 1919モーム
『静かなるドン』 1926ショーロホフ

056NRKmFsJ
次の国を
小説『ガリバー旅行記』で
ガリバーが訪れた順に
順に選びなさい
リリパット
ブロブディンナグ
ラピュタ
バルニバービ
ラグナグ
グラブダブドリブ
日本
フウイヌム
引用元:『ガリバー旅行記』訪問国順「リリパット」「ブロブディンナグ」「ラピュタ」「バルニバービ」「ラグナグ」「グラブダブドリブ」「日本」「フウイヌム」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/19167/

ロジェ・マルタン・デュ・ガール(Roger Martin du Gard、1881年3月23日 – 1958年8月22日)は、フランスの小説家である。小説以外には戯曲も書いた。代表作は『チボー家の人々』であり、1937年、『チボー家の人々 第7部 1914年夏』によりノーベル文学賞を受賞した。
引用元:ロジェ・マルタン・デュ・ガール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

『ゴリオ爺さん』(ゴリオじいさん、仏:Le Père Goriot)は、19世紀フランスの文豪オノレ・ド・バルザックにより、1835年に発表された長編小説で代表作。作品集『人間喜劇』のうち「私生活情景」に収められた。1819年のパリを舞台に、子煩悩な年寄りゴリオ、謎のお尋ね者ヴォートラン、うぶな学生ウージェーヌ・ラスティニャックの3人の生き様の絡み合いを追う。
大衆受けする作品で、しばしば映像化や舞台化がなされている。また、サマセット・モームは、『世界の十大小説』の一つに挙げている。なお、この作品の影響で、「ラスティニャック」は、フランス語で’出世のためならどんな手も使う野心家’をさす代名詞となった[1]。
引用元:ゴリオ爺さん – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%82%AA%E7%88%BA%E3%81%95%E3%82%93

『不思議の国のアリス』(ふしぎのくにのアリス、英: Alice’s Adventures in Wonderland)は、イギリスの数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルの筆名で書いた児童小説。1865年刊。幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険するさまを描いている。キャロルが知人の少女アリス・リデルのために即興でつくって聞かせた物語がもとになっており、キャロルはこの物語を手書きの本にして彼女にプレゼントする傍ら、知人たちの好評に後押しされて出版に踏み切った。1871年には続編として『鏡の国のアリス』が発表されている。
引用元:不思議の国のアリス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9

『月と六ペンス』(つきとろくペンス、The Moon and Sixpence)は、1919年に出版されたサマセット・モームの小説。画家のポール・ゴーギャンをモデルに、絵を描くために安定した生活を捨て、死後に名声を得た人物の生涯を、友人の一人称という視点で書かれている。この小説を書くにあたり、モームは実際にタヒチへ赴き、ゴーギャンの絵が描かれたガラスパネルを手に入れたという。題名の「月」は夢を、「六ペンス」は現実を意味するとされる[1]。
引用元:月と六ペンス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E3%81%A8%E5%85%AD%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%B9