ハン・ファン・「メーヘレン」 フェルメールの贋作を手がけた画家『エマオのキリスト』

125VKXuwFT
『エマオのキリスト』など
画家フェルメールの贋作を
多数描いたオランダの画家は
ハン・ファン・◯◯◯◯◯?
メーヒュル
キルスナカ
コリシネー
メーヘレン(答)

CIMG1515
絵画『青いターバンの少女』や
『デルフト眺望』で有名な
オランダの画家は◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
フェルメール(答)

ハン・ファン・メーヘレン(Han van Meegeren、1889年10月10日 – 1947年12月30日)はオランダの画家、画商。本名はヘンリクス・アントニウス・ファン・メーヘレン(Henricus Antonius van Meegeren)。20世紀で最も独創的・巧妙な贋作者の1人であると考えられている。特に、ヨハネス・フェルメールの贋作を制作したことで有名。
>そして、メーヘレンは当時の真贋判定方法で主に用いられていたアルコールを浸した綿で絵画の表面を拭く[3]という方法を回避するため、絵の表面にフェノール樹脂を塗り、炉で一定時間加熱するという手法を編み出した。また、絵を書く際に用いるキャンバス(および額縁)はフェルメールらと同じ17世紀の無名の絵画から絵具を削り落としたものを使用し、絵具、絵筆から溶剤に至るまで当時と同じものを自ら製作して使用し、さらに絵の完成後にキャンバスを丸めてクラクリュールを作り、墨を塗るなどして古びた色合いを出すなど、その贋作の手法は徹底していた。このようにして製作された「エマオの食事」(1936年)は、当時のフェルメールの研究家たちから「本物」と認められ、ロッテルダムのボイマンス美術館が54万ギルダーで買い上げた[4]。
引用元:ハン・ファン・メーヘレン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%B3

クラクリュール(仏: craquelé、英: craquelure)は、芸術の分野において、とくに年月を経た古い絵画の表面に見られる非常に細かい特徴的なひび割れを意味する美術用語。絵画が描かれた時代の測定に使用されることがあり、絵画の経年変化とともに次第に現れるクラクリュールは人工的に制作するのが難しいことから、絵画の真贋鑑定にも大きな役割を果たしている[1][2]。
引用元:クラクリュール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB