ウナムノ スペインの哲学者『殉教者マヌエル』 ミゲル・デ・ウナムーノ

021hBfBWScmdl
代表作に小説『殉教者マヌエル
・ブエノ』などがある
スペインの哲学者・小説家は
ミゲル・デ・◯◯◯◯?
プロノン
ウァッホ
パナムル
→ウナムノ
「ミゲル・デ・ウナムノ」

ミゲル・デ・ウナムーノ・イ・フーゴ(Miguel de Unamuno y Jugo,1864年9月29日-1936年12月31日)は、スペインを代表する哲学者、文学者、詩人、劇作家。いわゆる「98年の世代」にあたり、真のスペインの思想・国家・人民のあり方について模索し続け、スペイン思想界に大きな影響を残した。思想面では哲学と詩の両面から生と死、あるいは自己の問題などに取り組み、実存主義的な思想家としてしられる。特にデンマークのキルケゴールにも強く影響されていたことでも知られ、「南欧のキルケゴール」という呼称もある。
>1904年に『ドン・キホーテとサンチョの生涯』を執筆。これはセルバンテスが描いたドン・キホーテという架空の人物の生き方の中に、真のスペイン人としての生き方・倫理観があると考えたウナムーノがドン・キホーテを自分流に解釈し、人生や死の問題や自己というものにアプローチした作品であり、ウナムーノの代表的な作品として知られる。
>1931年にスペイン第二共和政が成立し、ウナムーノは国会議員になる。1933年に小説『殉教者マヌエル・ブエノ』を執筆。1934年にサラマンカ大学終身総長になる。同年に最終講義を行う。1936年にスペイン内戦が始まる。彼は反戦を説き、大学を追放されて自宅に軟禁される。同年12月31日、失意のまま、自宅で72歳で息を引き取った。
引用元: ミゲル・デ・ウナムーノ – Wikipedia.