「リュッツェンの戦い」三十年戦争の激戦

400ERrpSda
1632年の三十年戦争の激戦は
◯◯◯◯◯◯の戦い
リュッツェン(答)
「リュッツェンの戦い」

CIMG1224fzRpJfnETcwb
かつてヨーロッパで起きた
三十年戦争の講和条約である
ウェストファリア条約が締結
されたのは西暦何年?
82156
97430
1648
「広い破壊」(1618年)の30年戦争から30年
引用元:17世紀(1600年代)の出来事「三十年戦争」「イギリスで名誉革命」 1648「ウェストファリア条約」三十年戦争(1618「広い破壊」の三十年戦争)から30年後の講和条約 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/17266/

リュッツェンの戦い(Schlacht bei Lützen)は、三十年戦争中の1632年11月16日(旧暦11月6日)にドイツのライプツィヒ南西、リュッツェン(ドイツ語版、英語版)近郊において、グスタフ2世アドルフ(グスタフ・アドルフ)率いるスウェーデン軍およびドイツ・プロテスタント諸侯の連合軍と、アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン率いる神聖ローマ帝国軍との戦いである。
しかし、この戦いでスウェーデン王グスタフ・アドルフは戦死、以後スウェーデンは参戦当初の勢いを失い、2年後のネルトリンゲンの戦いの敗北によって、三十年戦争における主導権を失った。この戦闘におけるグスタフ・アドルフの死と、2年後のヴァレンシュタインの暗殺によって、三十年戦争は膠着状態に陥ることになった。
引用元:リュッツェンの戦い (1632年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84_(1632%E5%B9%B4)

リュッツェンの戦い
りゅっつぇんのたたかい

三十年戦争中の戦い。リュッツェンLtzenはドイツのライプツィヒ南西の地名。1629年以来新教徒の擁護を口実にドイツに侵入していたスウェーデン王グスタフ・アドルフは、ザクセン・ワイマール公ベルンハルトとともに、32年11月16日、神聖ローマ皇帝軍総司令官ワレンシュタインとこの地で会戦した。戦闘はスウェーデン側の勝利となったが、グスタフはこの戦いで戦死した。[中村賢二郎]
引用元:リュッツェンの戦い(リュッツェンのたたかい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84-149848

三十年戦争(さんじゅうねんせんそう、独: Dreißigjähriger Krieg)は、ボヘミア(ベーメン)におけるプロテスタントの反乱をきっかけに勃発し、神聖ローマ帝国を舞台として、1618年から1648年に戦われた戦争。当初は神聖ローマ帝国内で局所的に起きた小国家同士のプロテスタントとカトリックの戦争がヨーロッパ中を巻き込む国際戦争へと発展した。戦争はカトリックの国であるフランス王国がプロテスタント側につくなど、次第に宗教とは関係のない争いに突き進んだ。スウェーデンが参戦した1630年以降は、フランス王国ブルボン家とオーストリア大公国ハプスブルク家のヨーロッパにおける覇権をかけた戦いともなった。
引用元:三十年戦争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%8D%81%E5%B9%B4%E6%88%A6%E4%BA%89