しゃくる「決る」「抉る」「刳る」

090HhJQsJD
次のうち
「しゃくる」と読むものを
全て選びなさい
刳る(答)しゃくる
抉る(答)しゃくる
慮る おもんぱかる
遮る さえぐり
繁る しげる
掘る ほる
決る(答)しゃくる

《「さくる」の音変化》
[動ラ五(四)]
1 中がくぼむように、えぐる。「シャベルで砂を―・る」
2 すくうようにして上げる。しゃくう。「船底の水を―・る」
3 あごを前に出して頭部をやや後ろに引く。「あごを―・る」
4 すくうようにして動かす。あやつる。「つり糸を―・る」
5 そそのかす。おだてる。
引用元:しゃくる【決る/抉る/杓る/刳る】の意味 – goo国語辞書 http://dictionary.goo.ne.jp/jn/101979/meaning/m0u/

しゃくる【決る・抉る・刳る】

( 動ラ五[四] )
〔「さくる」の転〕
①中をえぐる。また,溝を切る。 「西瓜をスプーンで-・って食べる」
②液体や粉などをすくい取る。しゃくう。 「ひしゃくで水を-・る」
③綱などを,すくうような動作で上下左右に動かす。 「鞭ヲ-・ル/ヘボン」
④あごを軽く突き出すようにして上げる。人に横柄に指示する時の動作。 「あっちへ行け,とあごを-・った」
⑤戸を持ち上げるようにして動かす。 「こりや何で門口閉めたと言ひつつ-・る潜戸(くぐりど)の/浄瑠璃・夏祭」
⑥おだてて,そそのかす。 「お前小林から何か-・られたね/明暗 漱石」
[可能]しゃくれる
引用元:決る・抉る・刳る(しゃくる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B1%BA%E3%82%8B%E3%83%BB%E6%8A%89%E3%82%8B%E3%83%BB%E5%88%B3%E3%82%8B-286893