ロシア語アルファベット「T」「A」「M」

084tSKlXtC
次のうち、ロシア語で
使われる文字にあるものを
全て選びなさい
M(答)
T(答)
R
H(答)
C(答)
J
A(答)
F
P(答)
Z

ロシア語(ロシアご、русский язык)は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦の公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語とベラルーシ語がある。
>ロシア語はヨーロッパで最も母語話者が多い言語であり、母語話者数では世界で8番目に多く、第二言語の話者数も含めると世界で4番目に多い。国際連合においては、英語、フランス語、中国語、スペイン語、アラビア語と並ぶ、6つの公用語の1つである。
引用元:ロシア語 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%AA%9E

ロシア語アルファベット(ロシア語: русский алфавит、ラテン文字転写:rússkij alfavít)はロシア語で用いられるアルファベットである。ロシア語アルファベットはキリル文字を使用して表記され、10世紀の第一次ブルガリア帝国の時代にプレスラフ書記学校(英語版)で考案されたとされている。現代のロシア語アルファベットは33文字からなる。
yvfRImM
引用元:投稿の編集 ‹ わかればいいのに I wish I knew — WordPress http://seethefun.net/wp-admin/post.php?post=24126&action=edit

キリル文字(キリルもじ、露: Кириллица、英: Cyrillic alphabet、キリール文字とも)は、主にスラヴ諸語を表記するのに用いられる表音文字の体系の一種である。
>日本等では特にロシア語の文字として知られ、ロシア語で使う 33 文字(大文字小文字を同一視して)は、ロシア文字とも呼ばれる。しかし、キリル文字の総称としてロシア文字と呼ぶのは、起源や使用範囲から見て問題がある。また、誤って「キール文字」とされることが稀にある。英語名の「シリル文字」もごく稀に使われる。
引用元:キリル文字 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%AB%E6%96%87%E5%AD%97