ゴーゴリ『検察官』『鼻』(鼻が勝手に歩き回る話)『死せる魂』 ゴーリキー『どん底』 ツルゲーネフ『猟人日記』『初恋』『父と子』

100aeMfRSQ
次のうち、ロシアの作家
ゴーゴリの作品を1つ選びなさい
検察官(答)
鼻(答)
カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー
アンナ・カレーニナ トルストイ
死せる魂(答)
戦争と平和 トルストイ
どん底 ゴーリキー
復活 トルス

CIMG7207lCLYrJI6HOGv
ゴーゴリの小説『鼻』は
主人公の鼻が勝手に
歩きまわるという話である
◯(答)

>この世の中にはじつに馬鹿馬鹿しいこともあればあるものだ。時にはまるで嘘みたいなこともあって、かつては五等官の制服で馬車を乗り迴し、あれほど市まちじゅうを騒がせた当の鼻が、まるで何事もなかったように、突如としてまた元の場所に、つまりコワリョーフ少佐の頬と頬のあいだに姿を現わしたのである。それは四月も七日のことであった。眼をさまして、何気なく鏡をのぞくと鼻があるのだ! 手でさわって見たが――正しく鼻がある! 【うわっ!】と声をあげたコワリョーフは、喜びのあまり部屋じゅうを跣足はだしのままで飛びまわろうとしたが、ちょうどそこへイワンが入って来たため妨げられてしまった。早速、洗面の用意をさせて、顔を洗いながら、もう一度鏡をのぞくと――鼻がある! タオルで顔を拭きながら、またもや鏡を見ると――鼻がある!
引用元:青空文庫 ニコライ・ゴーゴリ 平井肇訳 鼻 http://www.aozora.gr.jp/cards/000207/files/372_22448.html

CIMG6793FbBaxMwpLFxC
次のうち、ロシアの作家
ゴーゴリの作品を
全て選びなさい
『鼻』(答)
『検察官』(答)
『死せる魂』(答)

CIMG6061
次のうち、ロシアの作家
ツルゲーネフの作品を
1つ選びなさい
猟人日記(答)
検察官 ゴーゴリ
罪と罰 ドストエフスキー
死せる魂 ゴーゴリ
イワンの馬鹿 トルストイ
初恋(答)
父と子(答)
どん底 ゴーリキー

ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ(ウクライナ語:Микола Васильович Гоголь[1] / ロシア語: Николай Васильевич Гоголь; 1809年4月1日(ユリウス暦3月20日) – 1852年3月4日)は、ウクライナ生まれのロシア帝国の小説家、劇作家。ウクライナ人。戸籍上の姓は、ホーホリ=ヤノーウシクィイ(ロシア語:ゴーゴリ=ヤノフスキー)である。『ディカーニカ近郷夜話』、『ミルゴロド』、『検察官』、『外套』、『死せる魂』などの作品で知られる。
引用元:ニコライ・ゴーゴリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%AA

マクシム・ゴーリキー(Максим Горький, 1868年3月28日(ユリウス暦3月16日) – 1936年6月18日)は、ロシアの作家。本名はアレクセイ・マクシーモヴィチ・ペシコフ(Алексей Максимович Пешков)。ペンネームのゴーリキーとはロシア語で「苦い」の意味。社会主義リアリズムの手法の創始者であり、社会活動家でもあった。
>代表作
どん底
海燕の歌
引用元:マクシム・ゴーリキー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%BC

イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ(ロシア語: Ивáн Серге́евич Турге́нев、1818年11月9日(ユリウス暦:10月28日) – 1883年9月3日(ユリウス暦:8月22日))は、フョードル・ドストエフスキー、レフ・トルストイと並んで、19世紀ロシア文学を代表する文豪である。ロシア帝国の貴族。
なお名前の表記は「ツルゲーネフ」の他、ロシア語の発音に近い「トゥルゲーネフ」という表記も用いられる。
>代表作
『猟人日記』(1852年)
『初恋』(1860年)
『父と子』(1862年)
『村のひと月』(戯曲)
引用元:イワン・ツルゲーネフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%84%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%95