「ザッハーク」 フィルダウシー『シャー・ナーメ』の暴君

080IdIWgyt
叙事詩『シャー・ナーメ』に
登場する邪悪な暴君
ザッハーク(答)

並べ替え
10世紀から11世紀にかけて活躍したイラン最大の詩人で叙事詩「シャー・ナーメ」で有名なのは誰?
フィルダウシー(答)

順番当て
次のアフガニスタンの王朝を早く成立した順に選びなさい
ガズナ朝 955
ゴール朝 1117
イル・ハン国 1258
ティムール帝国 1370

順番当て
次の古代インド王朝を古い順に選びなさい
マウリヤ朝 BC317
クシャーナ朝 1C
グプタ朝 320
ヴァルダナ朝 7C

順番当て
次のインドの王を時代が古い順に選びなさい
チャンドラグプタ
アショーカ王
カニシカ王
チャンドラグプタ2世
ハルシャ・ヴァルダナ

順番当て
インドに栄えた次の王朝を早く成立した順に選びなさい
トゥグルク朝 1320
サイイド朝 1414
ロディー朝 1451

『シャー・ナーメ』(ペルシャ語: شاهنامه‎、 Šāh nāmah)とは、叙事詩人フェルドウスィーがペルシア語で作詩したイラン最大の民族叙事詩。約6万対句にも及ぶ大作である。『王書』とも訳される。
>サーマーン朝支配のペルシアの詩人フェルドウスィーが980年頃より作詩に着手したといわれ、30年以上の年月をかけて1010年に完成した[注釈 1]。フェルドウスィーは当初、サーマーン朝の君主に作品を献呈するつもりであったが、999年に同朝は滅んでしまったため、ガズナ朝のマフムードに捧げることとなった[1]。
>その内容は、古代ペルシアの神話、伝説、歴史の集大成であり、最初の王カユーマルスからサーサーン朝滅亡に至る4王朝歴代50人の王の治世が述べられている。特に聖王ジャムシード(アヴェスターのイマ王)や、暴君ザッハーク(アヴェスターのアジ・ダハーカ)、霊鳥シームルグ、英雄ロスタムとその息子ソホラーブの悲劇などはよく知られている。イランにおいては、きわめてよく知られた国民的な叙事詩であり、多くの写本がつくられた。
引用元:シャー・ナーメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%A1

フィルダウシー
Firdausī

[生]935頃.トゥース近郊
[没]1020以後1026以前.トゥース近郊
ペルシアの民族叙事詩詩人。本名 Abū al-Qāsim Manṣūr。地主の家に生まれた。 40歳頃イラン民族固有の神話,伝説,歴史に基づいて詩作に着手,35年の長い歳月を費やして約6万句に及ぶ大民族叙事詩『シャー・ナーメ』を完成。
引用元:フィルダウシー(フィルダウシー)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%BC-122833