「パウル・クレー」スイスの画家・青騎士「ナチスから迫害」バウハウスで講義『R荘』『砂の上の植物群』 「ジャン・デビュッフェ」フランスの画家「アール・ブリュット」アンフォルメル絵画『熱血漢』『愉快な夜』


次のうち
20世紀初頭に存在した
『青騎士」のメンバーだった
画家を全て選びなさい
パウル・クレー(答)
ヤウレンスキー(答)
カンペンドンク(答)
27%

149hNoJqgK
退廃芸術としてナチスが迫害
バウハウスで教鞭を取る
『R荘』『砂の上の植物群』
スイス生まれの画家
ジャン・デュビュフェ
パウル・クレー(答)
ジョアン・ミロ
ルネ・マグリット

GCFSGhgb4m2q
次のうち
20世紀初頭に存在した
「青騎士」のメンバーだった
画家を全て選びなさい
ヤウレンスキー(答)
オット・ミュラー
カンペンドンク(答)
カンディンスキー(答)
フランツ・マルク(答)
パウル・クレー(答)
ルネ・マグリット
シュミット=ロットルフ
フェルナン・レジェ

ゴロ、青騎士さんへ「フランスパン焼かないといかんで」

CIMG2592
子供や知的障害者など、芸術的
指導を受けていない人々の作品を
「アール・ブリュット」と
命名したフランスの画家は?
ピエール・ボナール
ギュスターヴ・モロー
ジャン・デビュッフェ(答)
フランソワ・ブーシェ


「アール・ブリュット」を提唱
20世紀フランスの画家
『熱血漢』『愉快な夜』
アンフォルメル絵画の画家
ジャン・デュビュッフェ(答)

連想
ジャン・フォートリエ
ジョルジュ・マチュー
ジャン・デュビュッフェ
評論家ミシェル・タピエが命名
アンフォルメル(答)

CIMG0812
大阪万博の壁画『無垢の笑い』
スペインW杯の公式ポスター作成
代表作『星座』シリーズ
20世紀スペインの画家
ジョルジュ・ルオー
ジョアン・ミロ(答)
ジャン・デュビュフェ
パウル・クレー

連想
シュールレアリスムの作風
『これはパイプではない』
『ピレネーの城』『大家族』
20世紀ベルギーの画家
ルネ・マグリット(答)

パウル・クレー(Paul Klee、1879年12月18日 – 1940年6月29日)は20世紀のスイスの画家、美術理論家。
ワシリー・カンディンスキーらとともに青騎士グループを結成し、バウハウスでも教鞭をとった。その作風は表現主義、超現実主義などのいずれにも属さない、独特のものである。
>クレーの画業において転機となったのは1914年春から夏にかけてのチュニジア(北アフリカ)旅行であった。この旅行に感銘を受けたクレーは鮮やかな色彩に目覚め、作風は一変した。「色彩は、私を永遠に捉えたのだ」という言葉が、チュニジアでの体験を端的に表す一節として日記に残されている。クレーの画集等で紹介されている色彩豊かな作品は、ほとんどがこの旅行以後のものである。またこの頃からクレーは抽象絵画にも踏み込み、その後の表現の幅は飛躍的に拡大した。1915年にはリルケと知り合い、互いの作品に関心を抱きあっている。
引用元:パウル・クレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC

パウル クレー
Paul Klee

1879.12.18 – 1940.6.29
スイスの画家。
元・デュッセルドルフ美術学校教授。
ミュンヘンブーフゼー生まれ。
1900年にミュンヘン美術学校に入学する。’06年に結婚後、ミュンヘンに定住し、リフトグランドエッチングによる造形的研究を行い、’11年にはカンチンスキー、マッケなどとともに「青騎士」のグループに参加、’14年チュニジア旅行したときに色彩開眼した。以後、彩色画に移り、’21年にはバウハウスに招かれ造形論の講義を担当した。’31年にデュッセルドルフ美術学校教授となり、「パルナッソス山へ」(’32年)などに代表される詩的な作品を書いた。晩年は児童画のような作風となる。
引用元:パウル クレーとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AB+%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC-1621447

ジャン・デュビュフェ(Jean Dubuffet, 1901年7月31日 – 1985年5月12日)は、20世紀のフランスの画家。アンフォルメルの先駆者と見なされ、従来の西洋美術の伝統的価値観を否定して、「生の芸術」を提唱した。
デュビュフェはフォートリエ、ヴォルスらとともに、アンフォルメル(「非定形」の意。1950年代に盛んになった前衛美術運動)の先駆者と見なされ、20世紀美術の流れをたどる上で重要な画家の一人である。彼は、若い頃にパリで絵画を学んだこともあったが、やがてワイン商をしていた父の仕事を継いだ。本格的に画家として立つことを決意したのはかなり遅く、40歳を過ぎてからのことであった。
引用元:ジャン・デュビュッフェ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%A7

ジョアン・ミロ(カタルーニャ語: Joan Miró i Ferrà [ʒuˈan miˈɾo i fəˈra]、ジュアン・ミロー・イ・ファラー, 1893年4月20日 – 1983年12月25日)は、20世紀のスペインの画家。カタルーニャ地方の出身。かつてスペインではカスティーリャ語以外の言語は公的には禁止されていたので(フランコ体制下)、カスティーリャ語式の読みでホアン・ミロと書かれることもしばしばある。独裁者フランコの死去(1975年)以降、地方語は復権され、現在言語正常化の途上にある。現在ではカタルーニャ語の原音を尊重して「ジョアン・ミロ」または「ジュアン・ミロ」と表記するのが通例である。
ミロはパリでシュルレアリスムの運動に参加したことから、シュルレアリストに分類されるのが通例だが、ミロの描く人物、鳥などを激しくデフォルメした有機的な形態、原色を基調にした激しい色使い、あふれる生命感などは、古典的・写実的描法を用いることが多い他のシュルレアリストの作風とは全く異なり、20世紀美術に独自の地位を築いている。
引用元:ジョアン・ミロ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AD

ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット (René François Ghislain Magritte, 1898年11月21日 -1967年8月15日) はベルギーの画家。
>マグリットの作品においては事物の形象はきわめて明確に表現され、筆触をほとんど残さない古典的ともいえる描法で丁寧な仕上げがほどこされている。しかし、その画面に表現されているのは、空中に浮かぶ岩、鳥の形に切り抜かれた空、指の生えた靴といった不可思議なイメージであり、それらの絵に付けられた不可思議な題名ともども、絵の前に立つ者を戸惑わせ、考え込ませずにはいない。
マグリットの絵画は、画家自身の言葉によれば、「目に見える思考」であり、世界が本来持っている神秘(不思議)を描かれたイメージとして提示したものである(デペイズマン)。
引用元:ルネ・マグリット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88