「大教宣布の詔」神道を国教へ 1870明治政府による教化政策

016qDxScsFxiN
1870年に明治新政府が出した
天皇を神格化し、神道を国教
と定めた詔は◯◯◯◯の詔?
発大祭布宣
天宗言教神
→大教宣布
「大教宣布の詔」

大教宣布の詔(だいきょうせんぷのみことのり)は、明治3年1月3日(1870年2月3日)に出された詔書。[1] 天皇に神格を与え、神道を国教と定めて、日本を祭政一致の国家とする国家方針を示した。
明治維新後、復古神道を奉じる平田派の国学者を中心に祭政一致論が高まり、明治2年7月8日に神祇官内に宣教使が設置され、宣教長官に中山忠能・同次官に福羽美静が任命された。福羽は神祇官が神祇省と改められた後には事実上の最高責任者である神祇大輔を務めている。
引用元: 大教宣布 – Wikipedia.