豊臣秀吉の側近「施薬院全宗」「大村由己(ゆうこ)」「狩野永徳」「曽呂利新左衛門」

105ntNRitg
施薬院全宗 せやくいんぜんそう
大村由己 おおむらゆうこ
狩野永徳
曽呂利新左衛門
徳川家康
豊臣秀吉(答)
織田信長
上杉謙信


阿弥陀ヶ峰に遺体を埋葬
葬儀は行われず
伏見城で死去
露と落ち露と消えにし~
豊臣秀吉の最後(答)

施薬院 全宗(やくいん ぜんそう、大永6年(1526年) – 慶長4年12月10日(1600年1月25日))は戦国時代から安土桃山時代にかけての医者。豊臣秀吉の側近。丹波氏の出身。号は徳運軒。妻の永原実賢の娘との間に一男(施薬院秀隆)一女がいた。
>秀吉が天下人になった後の天正13年(1585年)に大飢饉と疫病の流行にみまわれると、廃絶していた祖先よりの「施薬院」の復興を願い出て許された。この施薬院は奈良時代・光明皇后による創建以来、800年の時を経て完全に形骸化していた。全宗はこの復興に尽くし、身分の上下を問わない施療を再開した[1]。天正年間に勅命を受けて施薬院使に任命、従五位下に叙され昇殿を許される。7月下旬から9月までの間に号を「施薬院」とした[1]。
「(全宗の)言ふところ必ず聞かれ、望むところ必ず達す」(『寛政重修諸家譜』)というほど秀吉の信頼は厚く、秀吉の諱を与えられた息子の秀隆とともに秀吉側近としても活躍し、伊達政宗・佐竹義重との交渉役などを務めている。天正15年(1587年)発布の定(バテレン追放令)は全宗の筆による。豊臣氏番医の筆頭として、番医制の運営につとめる[1]。焼き討ち後の荒廃した比叡山の再興にも尽力した。
引用元:施薬院全宗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%BD%E8%96%AC%E9%99%A2%E5%85%A8%E5%AE%97

大村 由己(おおむら ゆうこ、天文7年(1536年)? – 慶長元年5月7日(1596年6月2日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての学者・著述家。播磨国三木の出身。号は藻虫斎梅庵。初め僧籍にあったが、還俗して豊臣秀吉に御伽衆として仕えた。秀吉の伝記である『天正記』の著者として知られる。
引用元:大村由己 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%9D%91%E7%94%B1%E5%B7%B1

狩野 永徳(かのう えいとく、天文12年1月13日(1543年2月16日) – 天正18年9月14日(1590年10月12日))は、安土桃山時代の絵師。狩野派(室町時代から江戸時代まで日本画壇の中心にあった画派)の代表的な画人であり、日本美術史上もっとも著名な画人の1人である。現存する代表作に『唐獅子図屏風』、『洛中洛外図屏風』、『聚光院障壁画』などがある。
>狩野派の棟梁として織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画を制作した。永徳が力を振るったこれらの代表的な事績は建物とともに滅びてしまったものが多く、真筆とされる現存作品は比較的少ない。永徳といえば『唐獅子図』や『檜図』のような雄大なスケールの豪快な作品(大画)がよく知られるが、細部を緻密に描写した「細画」もよくしたとされる(『本朝画史』)。現存する代表作の1つである上杉本『洛中洛外図』は、彼が細密描写に秀でていたことを示している。
引用元:狩野永徳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%B0%B8%E5%BE%B3

曽呂利 新左衛門(そろり しんざえもん)は、落語家の名跡。2代目の死後は空き名跡となっている。
>豊臣秀吉に御伽衆として仕えたといわれる人物。落語家の始祖とも言われ、ユーモラスな頓知で人を笑わせる数々の逸話を残した。元々、堺で刀の鞘を作っていて、その鞘には刀がそろりと合うのでこの名がついたという(『堺鑑』)。架空の人物と言う説や、実在したが逸話は後世の創作という説がある。また、茶人で落語家の祖とされる安楽庵策伝と同一人物とも言われる。
茶道を武野紹鴎に学び、香道や和歌にも通じていたという(『茶人系全集』)。『時慶卿記』に曽呂利が豊臣秀次の茶会に出席した記述がみられるなど、『雨窓閑話』『半日閑話』ほか江戸時代の書物に記録がある。本名は杉森彦右衛門で、坂内宗拾と名乗ったともいう。
引用元:曽呂利新左衛門 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%BD%E5%91%82%E5%88%A9%E6%96%B0%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80