源融(みなもとのとおる) みちのくの「しのぶもぢずり」誰ゆえにみだれそめにし我ならなくに 文知摺観音

166ZvoLrjw
『小倉百人一首』に収められた
源融の和歌は「みちのくの
◯◯◯◯◯◯◯誰ゆえに
みだれそめにし我ならなくに」?
のしぢずもりぶ
しのぶもぢずり(答)

源融 みなもとの-とおる

822-895 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
弘仁(こうにん)13年生まれ。嵯峨(さが)天皇の皇子。母は大原全子。嵯峨源氏。斉衡(さいこう)3年(856)参議。貞観(じょうがん)14年(872)左大臣にすすみ,従一位にいたる。皇位に希望もあったが藤原基経におさえられたという。河原左大臣とよばれ,豪奢な風流生活で有名。寛平(かんぴょう)7年8月25日死去。74歳。贈正一位。
【格言など】みちのくのしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れ初(そ)めにしわれならなくに(「小倉百人一首」)
引用元:源融(みなもとのとおる)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%BA%90%E8%9E%8D-139218

現代語訳
陸奥のしのぶずりの模様のように心が乱れはじめたのは誰のせいか。私のせいではないのに。
作者
河原左大臣 (かわらのさだいじん)
源融 (みなもとのとおる) 822~895 嵯峨天皇の皇子で臣籍降下し、源の姓を賜る。六条河原に住んだことから河原左大臣とよばれた。宇治の別邸は後に平等院となる。贈正一位。
しのぶもぢずり ― 「(捩摺)もぢずり」は、陸奥の信夫(しのぶ)地域で産した乱れ模様に染めた布。信夫摺り(しのぶずり)ともいう。ここまでが序詞で、「乱れそめにし」にかかる。
引用元:小倉百人一首・河原左大臣(源融) – 学ぶ・教える.COM http://www.manabu-oshieru.com/hyakunin/014.html

もちずり石と百人一首

かつてこの地は、綾形石の自然の石紋と綾形、そしてしのぶ草の葉形などを摺りこんだ風雅な模様の「しのぶもちずり絹」の産地でした。その名残を今に伝える文知摺石は、都からの按察使(巡察官)、源融(みなもとのとおる)と長者の娘・虎女の悲恋物語の舞台となり、小倉百人一首にも詠まれています。その後、松尾芭蕉や正岡子規など、多くの文人墨客が足を運んでいます。
引用元:文知摺観音 https://antouin.com/mochizuri.html

文知摺染の再現
平成19年7月29日 かわまた織物展示館による、「しのぶもちずり」の草木染め体験教室が、現地 福島市山口の文知摺観音がある安洞院で開催されました。
万葉時代と同じ染色法で、かわまた織物展示館で栽培した、生の紅花と生の藍葉を使用しました。生地は川俣特産の羽二重絹です。
tEFvBxN
引用元:しのぶもちずり http://homepage2.nifty.com/khonda/newpage17.html

福島県を散策していると、もぢずり橋とかもぢずり公園など「もぢずり」という名前をよく目にします。「陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり たれ故(ゆえ)に 乱れそめにし 我ならなくに」百人一首の源融(みなもとのとおる)の和歌にも歌われた、「もぢずり」の謎に迫りました。
>福島県福島市の「文知摺観音(もじずりかんのん)」。今回は珍スポットではなくて、私の個人的な興味で訪れたお寺です。百人一首は昔全部覚えたんですが「もぢずり」っていったいなんだろうなって思って。意味もわからず丸暗記はよくないもんね。
>で、肝心の「もぢずり」とはなにかというと、境内に掲示してあった写真でやっと謎が解けました。しのぶもぢずりとは、草の葉を布にこすりつけて染めた布のことです。以下は「かわまた織物展示館」が平成19年に行った、「しのぶもじずり(もちずり)」の再現実験の写真です。
引用元:もぢずりって何だ?疑問がやっと氷解「文知摺観音」【福島】 | 日本珍スポット100景 http://bqspot.com/tohoku/fukushima/682