「備前」長船長光 「相模」岡崎正宗 「山城」粟田口吉光 「槍の又左」前田利家 「槍の半蔵」渡辺守綱 「槍の勘兵衛」渡辺了 「モラルタとベガルタ」英雄ダーマット

090FwuLRCS
次の鎌倉時代を代表する
刀鍛冶と、活躍した国の
正しい組み合わせを選びなさい
長船長光───備前
岡崎正宗───相模
粟田口吉光───山城

CIMG0758
次の戦国武将と、その異名の
正しい組み合わせを選びなさい
前田利家───槍の又左
渡辺守綱───槍の半蔵
渡辺了───槍の勘兵衛

CIMG4307KPatZWFRyzRY
ケルト神話に登場する
英雄ダーマットが持つ
2本の剣はモラルタと
ベガルタである
◯(答)
×ヴォルティス

長光(ながみつ)は、鎌倉時代後期の備前国(岡山県)長船派(おさふねは)の刀工。長船派の祖・光忠の子とされる。国宝の「大般若長光」をはじめ、華やかな乱れ刃を焼いた豪壮な作から直刃まで作行きが広く、古刀期においてはもっとも現存在銘作刀が多い刀工の一人である。
>備前国は古来刀剣の産地として名高く、現在の岡山県南部にあたる吉井川流域では古備前派から派生した長船派、畠田派、福岡一文字、吉岡一文字、吉井派などの刀工が存在した。鎌倉時代 – 室町時代を中心に活動した。長船派は現在の岡山県瀬戸内市長船町に居住した一派で、多くの著名刀工を輩出した。
引用元:長光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E5%85%89

正宗(まさむね、生没年不詳)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期に相模国鎌倉で活動した刀工。五郎入道正宗、岡崎正宗、岡崎五郎入道とも称され、日本刀剣史上もっとも著名な刀工の一人。「相州伝」と称される作風を確立し、多くの弟子を育成した。正宗の人物およびその作った刀についてはさまざまな逸話や伝説が残され、講談などでも取り上げられている。「正宗」の名は日本刀の代名詞ともなっており、その作風は後世の刀工に多大な影響を与えた。
引用元:正宗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A3%E5%AE%97

粟田口 吉光(あわたぐち よしみつ、13世紀頃)は鎌倉時代中期の刀鍛冶。正宗と並ぶ名工で、特に短刀作りの名手として知られる。
>京都の粟田口には古くから刀の名工がいた。吉光は、通称を藤四郎といい、鎌倉の岡崎正宗とならぶ名工とされている。古来より銘が流暢であり、また、ほとんどの作には「吉光」二字銘を切られる。しかし、年期銘のある作がなく、親、兄弟の作から鎌倉中期の刀工と見られている。豊臣秀吉により、正宗・郷義弘と共に「天下の三名工」と称された。
引用元:粟田口吉光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%9F%E7%94%B0%E5%8F%A3%E5%90%89%E5%85%89

前田 利家(まえだ としいえ)とは、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。加賀藩主前田氏の祖。豊臣政権の五大老の一人。
>利家は傾奇者で、短気でもあった。若年の頃は日頃派手な拵えの槍を持って歩いたので「又左衛門の槍」といって人々が避けた『亜相公御夜話』、利家は多少ともカブキ傾向のある若者を愛したという[23]。
利家は三間半柄(約6m30cm)の長く派手な造りの槍を持ち歩き、初陣以降、緒戦で槍先による功を挙げた武辺者であったため、槍の又左の異名で称えられた。
引用元:前田利家 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E7%94%B0%E5%88%A9%E5%AE%B6

渡辺 守綱(わたなべ もりつな、天文11年(1542年) – 元和6年4月9日(1620年5月11日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。江戸幕府旗本。通称は半蔵、忠右衛門。徳川氏の家臣。三河国額田郡浦部村(現在の愛知県岡崎市)出身。三河寺部城主。
>守綱は、若い頃から同年生まれの松平家康(のちの徳川家康)に仕えた。槍が得手であり、1562年の三河国八幡の合戦で今川氏家臣・板倉重貞に敗れた際、後尾にあって奮戦した事以来「槍半蔵」と呼ばれ、「鬼半蔵」の服部正成と並び称された。
引用元:渡辺守綱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E5%AE%88%E7%B6%B1

渡辺 了(わたなべ さとる、永禄5年(1562年) – 寛永17年7月24日(1640年9月9日))は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将。通称は勘兵衛(かんべえ)で、渡辺 勘兵衛の名で知られる。実名は「吉光」とも伝わる。号は睡庵(水庵)。渡辺右京の子。子に渡辺宗。
>はじめ浅井氏麾下の阿閉貞征に仕え、貞征の娘を妻とした。「槍の勘兵衛」と称される槍の名手であり、摂津国吹田城攻めで一番首を挙げ、織田信長から直接称賛されたほどで、阿閉家の精鋭である母衣衆の一人であった。
引用元:渡辺了 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E4%BA%86

小辻梅子訳編の『ケルト幻想民話集』(1993)によれば、ダーマット・オディナ(ディアルミド・ウア・ドゥヴネ※1)は、アイルランド大王コーマック・マック・アート(コルマク・マク・アルト)の親衛隊であるフェーナ騎士団(フィアナ※2)の有力な騎士である。フェーナの首領フィンの妹の子で、数々の危難からフィンを救い出している。小辻は「訳者あとがき」で「ダーマットの前生は異界の神の国の英雄で、ダナーン族の偉大な王マナナーン・マック・リールとダグダの息子ブラフのアンガスから愛され、教えを受けた。彼は二本の槍―― 大はガ-ジャルグ(赤槍)、小はガ-ボー(黄槍)―― を所有していた。彼はまた二本の剣―― モラルタ(大怒)とベガルタ(小怒)―― も持っていた。これらはマナナーンとアンガスからもらったものだ」と述べている(p.242)。
引用元:ガ・ジャルグ,ガ・ボー,モラルタ,ベガルタ/幻想の武器博物館 http://gensounobuki.fc2web.com/t2/gaedearg.html

Diarmuid Ua Duibhne (Irish pronunciation: [ˈdʲiəɾˠmˠədʲ uə ˈd̪ˠʊvʲnʲə]) or Diarmid O’Dyna (also known as Diarmuid of the Love Spot), was the son of Donn and one of the Fianna in the Fenian Cycle of Irish mythology (traditionally set in the 2nd to 4th century). He is best known as the lover of Gráinne, the intended wife of Fianna leader Fionn mac Cumhaill in the legend The Pursuit of Diarmuid and Gráinne.
>Diarmuid Ua Duibhne (Irish pronunciation: [ˈdʲiəɾˠmˠədʲ uə ˈd̪ˠʊvʲnʲə]) or Diarmid O’Dyna (also known as Diarmuid of the Love Spot), was the son of Donn and one of the Fianna in the Fenian Cycle of Irish mythology (traditionally set in the 2nd to 4th century). He is best known as the lover of Gráinne, the intended wife of Fianna leader Fionn mac Cumhaill in the legend The Pursuit of Diarmuid and Gráinne.
引用元:Diarmuid Ua Duibhne – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Diarmuid_Ua_Duibhne