「ノーム・チョムスキー」 アメリカの言語学者「生成文法」 反グローバリズム 「イギリスの言語学者」ウィリアム・ジョーンズ リチャード・ハドソン

071rLZyCKd
反グローバリズムの立場
イラク戦争を批判
生成文法理論を創始
アメリカの言語学者
ジャック・アタリ
ノーム・チョムスキー(答)
アントニオ・ネグリ
ジャレド・ダイアモンド

CIMG6151
次のうち
イギリスの言語学者を
全て選びなさい
ウィリアム・ジョーンズ(答)
リチャード・ハドソン(答)
ベンジャミン・ウォーフ(アメリカ)
ノーム・チョムスキー(アメリカ)
ロバート・ローウィ(アメリカ)
エドワード・サピア(アメリカ)
ロバート・ラトクリフ(日本)

エイヴラム・ノーム・チョムスキー(Avram Noam Chomsky、1928年12月7日 – )は、アメリカ合衆国の哲学者[1][2]、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者[3][4]。 彼は50年以上在籍するマサチューセッツ工科大学の言語学および言語哲学の研究所教授 (Institute Professor) 兼名誉教授である[5]。言語学者・教育学者キャロル・チョムスキーは彼の妻である。
>チョムスキーは「現代言語学の父」と評され[13][14]、また分析哲学の第一人者と見なされる[1]。彼は、コンピュータサイエンスや数学、心理学の分野などにも影響を与えた[15][16]。
言語学関連の初の書籍を発行した後、チョムスキーはベトナム戦争の有名な批判家となり、政治批評の本を発表し続けた。
>チョムスキーの提唱する生成文法とは全ての人間の言語に普遍的な特性があるという仮説をもとにした言語学の一派である。その普遍的特性は人間が持って生まれた、すなわち生得的な、そして生物学的な特徴であるとする言語生得説を唱え、言語を人間の生物学的な器官と捉えた。初期の理論である変形生成文法に用いた演繹的な方法論により、チョムスキー以前の言語学に比べて飛躍的に言語研究の質と精密さを高めた。
引用元:ノーム・チョムスキー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

生成文法
せいせいぶんぽう

変形生成文法または単に変形文法とよばれる言語理論。1950年代中期にアメリカのN・チョムスキーにより開発され、現在もなお発展を続けている。1950年代までは、構造主義言語学が主流であったが、生成文法の出現で言語学界は大きな転機を迎えた。とくに、かつてはなおざりにされていた統語論を大きく発展させ、意味論、音韻論などとともに文法機構全体が有機的に研究されるようになった。
>生成文法は、文法の本質を規則の集合であると考え、各文法部門において、語彙(ごい)規則、意味規則、音韻規則、それに統語規則というものが考えられている。生成文法の中心をなすものは統語規則であって、これには、句構造規則と変形規則の2種類が想定されている。前者は、語順その他の文の基本構造を規定し、後者はそれによって認められた構造に変形操作を加え、表面的な構造を派生する。
引用元:生成文法(せいせいぶんぽう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%94%9F%E6%88%90%E6%96%87%E6%B3%95-86098

ジャック・アタリ(仏: Jacques Attali、1943年11月1日 – )は、フランスの経済学者、思想家、作家。アルジェリアの首都アルジェ出身のユダヤ系フランス人。
パリ政治学院卒業。経済学国家博士。初代欧州復興開発銀行総裁。フランソワ・ミッテランの側近中の側近で81年から91年まで大統領補佐官。91年から93年まで初代欧州復興開発銀行総裁。指揮者としてオーケストラを指揮したこともある。1998年に発展途上国支援のNGOを創設。
引用元:ジャック・アタリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%AA

ネグリ(Antonio Negri)
ねぐり
Antonio Negri
(1933― )

イタリアの哲学者。パドバ生まれ。主著に『マルクスを超えるマルクス』Marx oltre Marx(1979)、『野生のアノマリー』L’anomalia selvggia(1981)、『構成的権力』Il potre costitunte(1992)、『帝国』Impro(1999)などがある。青年時代から労働運動に参加。1960年代には非共産党系左派の理論的潮流である労働者主義(オペライスモ)の構築に関与する。イタリアでは、1968年の学生反乱、69年の大規模な大衆反乱「熱い夏」につづき、アウトノミア運動と呼ばれる、既成の左派の影響を拒絶し独自の指導部ももたない多様なスタイルと主張をもった無数のグループによる運動が展開していた。
>ネグリは現代を代表するマルクス主義哲学者であり、その影響力はむしろ冷戦後にイタリアを超えて世界に拡大している。とりわけその名声を決定的なものにしたのは99年に公刊されたアメリカの哲学者マイケル・ハートMichael Hardt(1960― )との共著『帝国』であった。グローバリゼーションのもとで構築されつつある新しい世界秩序を、単一の中心をもたないグローバルな統治体制としての帝国と位置づけた同書は、「21世紀の共産党宣言」とも呼ばれ、「帝国主義から帝国へ」という刺激的なテーゼをアカデミズムを超えて流通させた。
引用元:ネグリ(ねぐり)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%AA(Antonio+Negri)-1575127

ジャレド・メイスン・ダイアモンド(Jared Mason Diamond, 1937年9月10日 – )は、アメリカ合衆国の進化生物学者、生理学者、生物地理学者、ノンフィクション作家。現在、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)社会科学部地理学科の教授。
>『銃・病原菌・鉄』[編集]
ジャレド・ダイアモンドの名を一躍有名にしたのが、一般向けの書籍『銃・病原菌・鉄』である。この著作は、あるニューギニア人との対話から起こった「なぜヨーロッパ人がニューギニア人を征服し、ニューギニア人がヨーロッパ人を征服することにならなかったのか?」という疑問に対し、一つの答えとして書かれたという。ダイアモンドは、これに対して「単なる地理的な要因」(例えば、ユーラシア大陸の文明がアメリカ大陸の文明よりも高くなったのは大陸が東西に広がっていたためだから等)という仮説を提示し、「ヨーロッパ人が優秀だったから」という根強い人種差別的な偏見に対して反論を投げかけ、大きな反響を呼んだ。この著作は各国語に翻訳され、世界的なベストセラーとなった。
引用元:ジャレド・ダイアモンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89

ウィリアム・ジョーンズ(Sir William Jones、1746年9月28日 – 1794年4月27日)は、イギリスの裁判官。言語学上の功績から、言語学者として記されることが多い。イギリスによる初期のインド研究を担った。
引用元:ウィリアム・ジョーンズ (言語学者) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA_(%E8%A8%80%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E8%80%85)

リチャード・ハドソン (Richard Hudson, 1939年 – )はイギリスの言語学者。
>ハドソンの主要な業績は語文法 (word grammar) と呼ばれる言語理論であるが、同時に言語学とイギリスの言語教育との間の橋渡しにも力を注いでいる。なお言語学者の菅山謙正は、ハドソン理論の日本への紹介者のひとり。
引用元:リチャード・ハドソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3

ベンジャミン・リー・ウォーフ (Benjamin Lee Whorf、1897年4月24日 – 1941年7月26日)は、アメリカ合衆国の言語学者。
>ウォーフは、生涯にわたって言語学を専門にはしなかった[1]。しかしながら、彼の研究成果は現在も意味深く、現在に至るまで大きな影響を及ぼしている。
ウォーフの言語学における主な研究対象は、ネイティブ・アメリカンと中央アメリカ民族の言語についてであった。彼は後にホーピ語の研究及び彼が言語的相対論と名付けた理論で広く知られるようになった。サピアとの協力によって発展したこの理論[2]は、現在ではサピア・ウォーフの仮説と呼ばれている。彼は講演者としても評価されており、彼の言語学における考え方を一般大衆に講演したり、一般読者向けの紹介記事を書いたりといった活動を数多く行なった。その一方で、多数の学術論文の執筆も行なった。
引用元:ベンジャミン・ウォーフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%95

ロバート・ハリー・ローウィー(Robert Henry(Harry) Lowie, 1883年6月12日 – 1957年9月21日)は、オーストリア出身のアメリカ合衆国人類学者。現代人類学理論の発展に尽力した、アメリカ・インディアンの専門家である。
>1909年に、ニューヨークのアメリカ自然史博物館で、キュレーター助手となる。インディアンの文化調査のための遠征隊を組織した。
クロウ族の民族誌・言語の研究が高く評価されている他、色彩名称の研究が知られている。
引用元:ロバート・ローウィ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3

エドワード・サピア(Edward Sapir [səˈpɪər], 1884年1月26日 – 1939年2月4日)は、アメリカの人類学者、言語学者。アメリカの構造言語学を主導し、「サピア=ウォーフの仮説」と呼ばれるようになった学説を提唱したことで知られる。
>その後、シカゴ大学で教鞭をとり、移籍したイェール大学では人類学科長を務めた。彼は言語学と人類学とを結びつける研究の先駆けであり、教え子には李方桂やベンジャミン・ウォーフがいた。
1921年、「言語は人の考え方に影響を与える」とする新しい言語観を発表する。これを1940年代にベンジャミン・リー・ウォーフが取り入れ、発展して後にサピア・ウォーフの仮説と呼ばれるようになった。
引用元:エドワード・サピア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%94%E3%82%A2

ロバート・ラトクリフ(Robert R. Ratcliffe the 4th、1961年5月 – )は、日本の言語学者。東京外国語大学総合国際学研究院(言語文化部門・言語研究系)教授。Ph.D.(言語学博士)。専門は、アラビア語学、一般言語学。
引用元:ロバート・ラトクリフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95