蠣崎氏 通字「広」「蠣崎(松前)慶広」「蠣崎義広」「蠣崎季広」「蠣崎(武田)信広」

024FoapQJx
慶広
義広
信広
季広
吉川氏
長宗我部氏
蠣崎氏(答)かきざきし
大友氏

蠣崎 義広(かきざき よしひろ、文明11年(1479年) – 天文14年8月19日(1545年9月24日))は、戦国時代の武将、大名。蠣崎光広の子。蠣崎季広、蠣崎高広の父。
>主君・安東尋季の裁定により家督相続前であったにもかかわらず、義広が上国松前両守護職に補任され、蝦夷地を訪れる和人の商船から運上を徴収することを認められた。運上の過半は安東氏に送られたものの、蠣崎氏が他の渡党へ優越する体制は、これにより固まった。なお、このアイヌ蜂起を光広による謀略とする説がある。
引用元:蠣崎義広 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A0%A3%E5%B4%8E%E7%BE%A9%E5%BA%83

蠣崎季広 かきざき-すえひろ

1507-1595 戦国-織豊時代の武将。
永正(えいしょう)4年11月生まれ。蠣崎義広(よしひろ)の長男。松前慶広(よしひろ)の父。天文(てんぶん)14年家督をつぐ(蠣崎(松前)家4世)。20年(19年とも)「夷狄(いてき)之商舶往還之法度(はっと)」をさだめてアイヌとの戦争状態を終結させ,はじめて蝦夷(えぞ)地(北海道)に安定した和人地をきずいた。文禄(ぶんろく)4年4月20日死去。89歳。通称は長太郎。
引用元:蠣崎季広(かきざき すえひろ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%A0%A3%E5%B4%8E%E5%AD%A3%E5%BA%83-1064553

武田 信広(たけだ のぶひろ)は、室町時代後期の武将。若狭武田氏の一族といわれているが、実際には源姓武田氏流は仮冒とする説も強い。また、陸奥国の南部氏の一族ともいわれる[1]。
>宝徳3年(1452年)、21歳の時に家子の佐々木三郎兵衛門尉繁綱、郎党の工藤九郎左衛門尉祐長ほか侍3名を連れて夜陰に乗じて若狭を出奔したという。しばらくは古河公方・足利成氏のところに身を寄せていたが、この年の内に三戸の南部光政のもとへ移った。陸奥国宇曽利に移住し、南部家の領分から田名部・蠣崎の知行を許され、蠣崎武田氏を名乗るようになった。さらに享徳3年(1454年)8月28日、生駒政季を奉じて南部大畑より蝦夷地に渡り、上国花沢館の蠣崎季繁に身を寄せた。その後、季繁に気に入られてその婿養子となり、蠣崎姓に改めている。康正2年(1456年)に嫡男・光広が生まれている。
引用元:武田信広 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%BA%83

松前慶広 まつまえ-よしひろ

1548-1616 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)17年9月3日生まれ。蠣崎季広(かきざき-すえひろ)の3男。蝦夷(えぞ)地(北海道)松前藩主初代(松前家5世)。文禄(ぶんろく)2年豊臣秀吉に蝦夷地支配公認の朱印状をもらい出羽(でわ)の安東氏の支配を脱し,慶長4年姓を松前とあらためた。9年徳川家康からアイヌ交易独占権公認の黒印状を交付され,近世大名の地位をえる。11年福山館が完成。元和(げんな)2年10月12日死去。69歳。通称は新三郎。
引用元:松前慶広(まつまえ よしひろ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9D%BE%E5%89%8D%E6%85%B6%E5%BA%83-1111208

とおり‐じ〔とほり‐〕【通り字】

1 人の実名に祖先から代々伝えて付ける文字。源氏で頼朝・頼家の「頼」、義朝・義経の「義」の字、平氏で清盛・知盛・維盛の「盛」の字など。
2 世間一般に通用して使われる俗字。
引用元:通り字(トオリジ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%80%9A%E3%82%8A%E5%AD%97-582011