北欧神話の神「ヴィーザル」「ヘイムダル」「トール」「オーディン」

095caAFTrP
次のうち
北欧神話に登場する神を
全て選びなさい
エウリデュケ 「ギリシャ神話」
スカンデルベク
ヴィーザル(答)
オーディン(答)
トール(答)
ヘイムダル(答)
ヘカトンベ

ほくおうしんわ【北欧神話】

デンマーク,スウェーデン,ノルウェー,アイスランドなどの北ゲルマン人の間に伝えられた神話。北欧神話の根本資料は《古エッダ》とスノッリ・ストゥルルソンの《エッダ》(エッダ)であるが,これらは完全なものでなく,不一致の点も見られ,首尾一貫した神話の全貌を得ることはむずかしい。また数世紀にわたる成立年代を異にするエッダの歌謡には固有の要素以外にさまざまのものが混入していることが当然考えられる。複雑な時代的社会的背景や外国からの影響を考慮に入れなければならない。
引用元:北欧神話(ほくおうしんわ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%8C%97%E6%AC%A7%E7%A5%9E%E8%A9%B1-132674

ヴィーザル(古ノルド語: Víðarr 英語: Vidar)は、北欧神話の神の一人。その名は「森」、あるいは「広い場所」を意味している。
父はオーディン、母は巨人族のグリーズで彼女に与えられた強い靴を履いている。 トールと同等の力を持つとされ、アース神族から非常に頼りにされているといわれているが、ヴィージと呼ばれる森で半ば隠遁生活を送っている。
引用元:ヴィーザル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%AB

オーディンは、北欧神話の主神にして戦争と死の神。詩文の神でもあり吟遊詩人のパトロンでもある。魔術に長け、知識に対し非常に貪欲な神であり、自らの目や命を代償に差し出すこともあった。
引用元:オーディン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3

トールとは、北欧神話に登場する神である。神話の中でも主要な神の一柱であり、神々の敵である巨人と対決する戦神として活躍する。その他考古学的史料などから、雷神・農耕神として北欧を含むゲルマン地域で広く信仰されたと推定されている。
引用元:トール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB

ヘイムダル(ヘイムダッルとも。Heimdall)は北欧神話の光の神。「白いアース[1]」とも呼ばれる。
引用元:ヘイムダル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%80%E3%83%AB

エウリュディケー(古希: Ευρυδίκη, Eurydíkē)は、ギリシア神話に登場する森の木のニュンペーである。長母音を省略してエウリュディケとも表記される。
オルペウスと結婚するが、新婚早々毒蛇に足を噛まれ死亡。エウリュディケーを深く愛するオルペウスが、冥府の神ハーデースとその妻ペルセポネーに懇願し「冥府から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない」という条件で地上に戻る事を許されるが、その帰途、もうすぐで冥府から抜け出すという直前でハデスとの条件を破り、振り向いてエウリュディケーを見てしまったため冥府に連れ戻された。
引用元:エウリュディケー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B1%E3%83%BC

スカンデルベグ
すかんでるべぐ
Gjergj Kastrioti Skanderbeg
(1403―1468)

アルバニア史上の民族英雄。カニナのカストリオティ家の出身で、母はセルビア人有力者の娘。父の居城がトルコに占領され、11歳で人質としてコンスタンティノープル(現イスタンブール)に送られ、イスラム教徒になり、トルコ名イスカンデルを与えられた。アルバニア人たちはのちに彼にベイの称号をつけ、音を多少変えてスカンデルベグとよんだ。サンジャクのトルコ軍に配属され、ベネチアやセルビアと戦ったが、1443年アルバニア人の対トルコ蜂起(ほうき)の報に接し、民族の自由のために戦う決意をした。キリスト教に改宗し、アルバニアの有力首長の娘を妻に迎え、首長たちを結集してトルコと戦った。モンテネグロ、ベネチア、ナポリ、ローマ教皇も彼を支援した。トルコ皇帝ムハンマド2世は1466年自ら大軍を率いてスカンデルベグを攻撃、劣勢の後者は支援を求めにローマを訪れ、帰国途上ベネチア領アレッシオで死去した。[木戸 蓊]
引用元:スカンデルベグ(スカンデルベグ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%B0-83490

ヘカトンベ Hecatomb >>関連項目一覧

古代ヘレネス(ギリシャ)の伝承における、神々に捧げられる特に規模の大きい生贄(いけにえ)。
文字通りの意味では「百人(頭)殺すこと」である。普通は百頭の牛を用いたが、ときには百人の奴隷、または 百人の囚人を捧げることもあったという。

「ヘカトンフォニエ Hecatomphonie」という百人の敵を倒した時の祝いをいうことばもある。
引用元:ヘカトンベ Hecatomb (神々への生贄 百のいけにえ) ヘレネス(ギリシャ)の神話・民話 :幻想世界神話辞典 http://www.jiten.info/dic/greek/hecatomb.html