上一段活用「降りる」「浴びる」「落ちる」「居る」「着る」「煮る」「見る」イ段を不変部分とし「る」「れ」「ろ」がつく

039XuVFefO
次のうち、口語において
上一段活用をする動詞を
1つ選びなさい
降りる(答)上一段活用
得る 「える」下一段活用
する サ行変格活用
浴びる(答)上一段活用
落ちる(答)上一段活用
出る 下一段活用
笑う 五段活用
勝つ 五段活用

上一段活用(かみいちだんかつよう)とは、日本語の口語文法および文語文法における動詞の活用のひとつである。全部の活用語尾に五十音図のイ段の音が入り、それに「る、れ、ろ」が付くという形で変化する。
文語の上一段活用は「着(き)る」「似(に)る」「煮(に)る」「干(ひ)る」「嚏(ひ)る」「見(み)る」「廻(み)る」「射(い)る」「鋳(い)る」「沃(い)る」「居(ゐ)る」「率(ゐ)る」といった十数語とその複合動詞(「顧(かへり)みる」「率(ひき)ゐる」「用(もち)ゐる」等)しかないが、文語の上二段活用が口語で上一段活用に合流したため、口語の上一段活用は語数が多い。
なお学校文法では活用語尾をイ段音が入る部分からとするため、文語の上一段活用は「語幹がない」あるいは「語幹と語尾の区別がない」といった説明様式がなされ、活用表に語幹は()で書かれる。
iApKzPm
引用元:上一段活用 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E4%B8%80%E6%AE%B5%E6%B4%BB%E7%94%A8

かみいちだんかつよう【上一段活用】

動詞の活用形式の一。語尾が五十音図のイ段を不変化部分とし,それに「る」「れ」「ろ」(文語では,「ろ」の代りに「よ」)の音が添加された形に活用するもの。「着る」「似る」「見る」(以上,口語・文語)「起きる」「落ちる」(以上,口語のみ)などの類。
引用元:上一段活用(カミイチダンカツヨウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%8A%E4%B8%80%E6%AE%B5%E6%B4%BB%E7%94%A8-466340