危うきこと「累卵」の如し 不安定で危険な状態のこと 積み重ねた卵に例えて

226mLFYlLu
非常に不安定で危険な状態にある
ことを積み重ねた卵に例えた言葉
は「危うきこと◯◯の如し」?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
るいらん(答)
「危うきこと累卵の如し」

あやうきことるいらんのごとし【危うきこと累卵の如し】
〔史記 范雎伝〕
いつ崩れるかわからないような,非常に危険な状態のたとえ。 → 累卵
引用元:危うきこと累卵の如し(あやうきことるいらんのごとし)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%8D%B1%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%A8%E7%B4%AF%E5%8D%B5%E3%81%AE%E5%A6%82%E3%81%97-198977

るいらん【累卵】

〔いくつも積み重ねた卵の意〕
危険な状態にあることをたとえていう語。 「邦家-の急を拯(すく)ひたる爾(なんじ)忠勇の霊/此一戦 広徳」
引用元:累卵(ルイラン)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%B4%AF%E5%8D%B5-660407#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

累卵の危うき
【読み】 るいらんのあやうき
【意味】 累卵の危うきとは、物事が非常に不安定で、きわめて危険な状態にあることのたとえ。
>【注釈】 積み重ねた重ねた卵は、いつ崩れて壊れてしまうかわからないほど不安定であることから。
「累卵」とは、積み重ねた卵のこと。
『史記』范雎伝に、「秦王之国、危如累卵(秦王の国は、積み重ねた卵のように崩れやすく危うい状態だ)」とある。
【出典】 『史記』范雎伝「秦王之国、危如累卵」
引用元:累卵の危うき – 故事ことわざ辞典 http://kotowaza-allguide.com/ru/ruirannoayauki.html