「一条鞭法」地税と丁税(人頭税)を一括納付 張居正が制定した明の税制 「地丁銀制」清に制定 地銀中に丁銀を包摂し一括納付 丁銀の廃止へ

184pVqSkZZ
万暦帝の時代に開始
宰相の張居正が制定
地税と丁税を一括して銀で納税
明で行われた税制
一条鞭法(答)
地丁銀制
租庸調制
両税法

順番当て
次の中国における税制を時代が古い順に答えなさい
租庸調制
両税法
一条鞭法
地丁銀制

078rktJAdMetV
「三世の春」と呼ばれる
最盛期を作った
中国・清代の皇帝の
元号に基づく名を1つ答えなさい
こうきてい 康熙帝
ようせいてい 雍正帝
けんりゅうてい 乾隆帝
引用元:「康乾盛世」康熙帝(聖祖) 雍正帝(世宗「文字の獄」「キャフタ条約」) 乾隆帝(高宗) | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/5190/

一条鞭法(いちじょうべんぽう)は、中国の税制。丁税と地税を一括して銀納する税制であり、明王朝の後期には中国各地で施行された。
16世紀に入り、海禁政策が弛緩してアメリカ大陸や日本から多くの銀(メキシコ銀、日本銀)が流入したことが背景にある。16世紀中ごろには既に江南などで実施されており、16世紀末の万暦帝期において、宰相張居正のもとで全国に広まった。複雑化していた税制を、丁税(人頭税)と地税にまとめ、一括して銀で納税することを定めたものである。のちの清代における地丁銀制に影響を与えた。
引用元:一条鞭法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E6%9D%A1%E9%9E%AD%E6%B3%95

明代の銀の流通に伴って始まった税制。唐以来の両税法の現物納と労役の二本立ての税制を、いずれも銀納として税収を確保しようとした。清の地丁銀の前提となる。

 明に行われていた税制で、賦役のうち、土地税である田賦は、8世紀以来の両税法によって、夏税と秋税に分かれ、米麦や生糸などの現物で納める規定であったが、銀の流通が広まるに従い、15世紀前半から、銀納が始まってきた。
>条鞭法のポイントとその施行
 一条鞭法は16世紀の中頃から徐々に始まり、1580年代の万暦帝の頃に全国に普及した、明の新しい税制である。複雑な内容をもっているが、まとめると「あらゆる賦税と徭役を一本化し、徴収を簡素化し、銀納にしたこと」と言える。これによって両税法は行われなくなり、戸の等級で労役を割り当てることもなくなった。この税法を運用するためには、課税対象である人口と土地の面積を掌握する必要があり、そのために張居正の改革の時に全国的土地丈量が行われたのであった。
引用元:一条鞭法 http://www.y-history.net/appendix/wh0801-080.html

地丁銀制(ちていぎんせい)は、中国の税制。 明代以来の一条鞭法に代わって実施された清代の税制。地銀(田畑の所有に対して課された税。地税とも言う)の中に丁銀(人丁、すなわち16歳~59歳の成年男子に課された人頭税。丁税とも言う)を繰り込み、一括して銀納させた。
康熙帝は、丁銀の額を1711年の調査で登録された人丁の数に対応した額に固定し、1711年以降に登録された人丁に対する丁銀を当面免除したが、弊害も生じたので、次の雍正帝は、すでに康煕帝時代に一部で行われていた丁銀の地銀への繰り込み、つまり事実上の丁銀の廃止を全国で実施した。
引用元:地丁銀制 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%81%E9%8A%80%E5%88%B6

清の康煕帝に始まる人頭税を地税に繰り込み銀納する税制。

 清代の康煕帝のときから行われるようになった税制で、丁税(丁銀=人頭税)を地税(地銀=土地税)に繰り込んで納入すること。明代の一条鞭法で課税は地銀(土地税)と丁銀(人頭税)の二本立てでいずれも銀納と言う形態となり、清代もそれを継承したが、産業の発展とともに人口(丁数)が増加したため、人頭税課税が煩雑となり困難になってきていた。そこで1711年、前年の壮丁男子の人口を定数とし、それ以後の増加人丁は丁銀(人頭税)を課税しないという盛世慈世人丁とした。それが広東省で実施された1715年から、丁銀は地銀に組み込まれて納税することとなり、それを地丁銀制という。この制度は、次の雍正帝時代に全中国に広まり、乾隆帝時代までに全国に広がった。盛世滋生人丁と地丁銀によって人頭税が廃止された結果、中国では急激に人口が増大する。
引用元:地丁銀 http://www.y-history.net/appendix/wh0802-062.html

一条鞭法は明代後半から清初にかけて実施された税制です。
それに対し地丁銀制は、清の第4代皇帝、康煕帝時代に始まり5代雍正帝時代には全国で実施された、清代の新税制です。

共に、土地税と人頭税を一括して銀で納めるシステム。
厳密に言えば、一条鞭法はあくまで両者を一括銀納としましたが、
地丁銀制は土地税(地銀)に人頭税(丁銀)を練り込むとし、人頭税を廃止しました。
引用元:一条鞭法と地丁銀制の違いがよくわからないのですが、簡単に教えて… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1333237883