『アニの死者の死者の書』大英博物館所蔵 『フネフェルのパピルス』

158kpdjFzTeus
1887年にバッジが発見した
大英博物館が所蔵している
古代エジプトの巻物は『◯◯の
死者の書』? ◯を答えなさい
アニ
『アニの死者の書』

The Papyrus of Ani is a papyrus manuscript with cursive hieroglyphs and color illustrations created circa 1250 BCE, in the 19th dynasty of the New Kingdom of ancient Egypt.
>It was purchased in 1888 by Sir E. A. Wallis Budge for the collection of the British Museum where it remains today.
引用元: Papyrus of Ani – Wikipedia, the free encyclopedia

>『フネフェルのパピルス』は『アニのパピルス(英語版)』などと共に『死者の書』の中でも有名な作品とされている。
>『フネフェルのパピルス』には、「開口」の儀式[注釈 1]が描かれている。これは、死者が呼吸をする道を開いて魂のできるようにするための作業であり、パピルスには、アヌビスがミイラを墓の入り口に立たせ、死者の息子が道具を使って死者の口を開けるところが描かれている[5]。この描写によって、埋葬儀礼における「開口」の儀式について多くの事を知ることができる。大英博物館に収集されたパピルスの中でも有名な部分の一つとされている[1]。
引用元: フネフェル – Wikipedia

『死者の書』 (ししゃのしょ、独: Totenbuch) は、古代エジプトで冥福を祈り死者とともに埋葬された葬祭文書。パピルスなどに、主に絵とヒエログリフで、死者の霊魂が肉体を離れてから死後の楽園アアルに入るまでの過程・道しるべを描いた書。
引用元: 死者の書 (古代エジプト) – Wikipedia