冠位十二階の色順「紫」「青」「赤」「黒」  位順「徳」「仁」「礼」「信」「義」「智」 「冠位十三階」も作られた

104zCzsIib

次の色を
冠位十二階で位の高かった順に
選びなさい
(画像選択肢)




36%

光の波長のゴロ「赤橙黄緑青藍紫」を後から読んで、紫、青、赤、最期に黒、そんなイメージで。

133twwiMQN
次の聖徳太子が定めた
冠位十二階の位階を
位の高い順に選びなさい
大仁
大礼
大智

pxaEZuw
引用元:歴史授業6 http://www.geocities.jp/syaka01gakuin/5-rekisizyugyo08.html

◯×
昔の位の制度「冠位十二階」のあとには「冠位十三階」も作られた
◯(答)

並べ替え
古代史の重要な資料である聖徳太子に関する伝記や系譜を集めた書物は?
上宮聖徳法王帝説(答)
じょうぐうしょうとくほうおうていせつ


日本の律令制度の下で五刑のひとつとされた次の刑を重い順に選びなさい




軽い順位「笞(ち)・杖(じょう)・徒(ず)・流(る)・死」ちじょうずるしなのでその逆。

冠位十二階(かんいじゅうにかい)は、日本で604年に制定され、605年から648年まで行なわれた冠位である。日本で初めての冠位・位階であった。朝廷に仕える臣下を12の等級に分け、地位を表す冠を授けるものである。七色十三階冠の施行により廃止された。
>『日本書紀』によれば、 推古天皇11年12月5日(604年1月11日)に始めて制定された冠位である。大徳・小徳・大仁・小仁・大礼・小礼・大信・小信・大義・小義・大智・小智の12階の冠位が制定された。冠は絁(絹織物の一種)でできており、頂を合わせて袋のようにして、その囲りに縁を着けた。元日にはさらに髻華(うず)という髪飾りを着けた[1]。翌12年(605年)1月1日に天皇が冠位を始めて諸臣に授けた[2]。聖徳太子の事績を伝える『上宮聖徳法王帝説』にも同様の記述がある。
>この時始められた冠位制度は、天皇が臣下のそれぞれに冠(位冠)を授け、冠の色の違いで身分の高下を表すものである。前代の氏姓制度と異なり、氏ではなく個人に対して与えられ、世襲の対象にならない。豪族の身分秩序を再編成し、官僚制度の中に取り込む基礎を作るもので、政治上の意義が大きかった[4]。大化3年(647年)に七色十三階冠が制定され、翌大化4年(648年)4月1日に廃止されたが、その後もいくたびかの改変を経て律令制の位階制度となり、遺制は現代まで及ぶ。
>制定の目的[編集]
制定の目的は『日本書紀』等に記されない。よく説かれるのは二つで、一つは家柄にこだわらず貴族ではなくても有能な人間を確保する人材登用のため、もう一つは外交使節の威儀を整えるためである。
氏姓制度の姓(カバネ)と比べたときの冠位の特徴は、姓が氏に対して授けられるのに対し、冠位は個人に授けられる点である[5]。そして姓は世襲されるが、冠位は一身限りで世襲されない[6]。また、それまでの氏はそれぞれ個別的に天皇への奉仕を誓っており、対等な氏に属する人を組み合わせて上司と部下という職務上の上下関係を結ばせるのは簡単ではなかった。冠位を媒介にすることで、官僚的な上下関係を納得させやすくする。場合によっては生れが賤しい者を生れが良い者の上に立たせることも可能になる。冠位は旧来の氏姓の貴賤を否定するものではないが、旧来の豪族を官人に脱皮させる上で大きな役割を果たした。
引用元:冠位十二階 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%A0%E4%BD%8D%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%9A%8E

冠位十二階
かんいじゅうにかい

日本で最初の位階制度。冠の色によって階級を表わした。推古 11 (603) 年聖徳太子が制定。徳,仁,礼,信,義,智の6徳目を,それぞれ大小の2つに分けて 12階とし,これに紫,青,赤,黄,白,黒の色をあて,その濃淡によって大小を区別した。
引用元:冠位十二階(かんいじゅうにかい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%86%A0%E4%BD%8D%E5%8D%81%E4%BA%8C%E9%9A%8E-48440

デジタル大辞泉の解説
ご‐けい【五刑】

1 古代中国で行われた五つの刑罰。墨(ぼく)(いれずみ)・劓(ぎ)(はなきり)・剕(ひ)(あしきり)・宮(男子は去勢、女子は幽閉)・大辟(たいへき)(くびきり)をさす。→九刑
2 日本の律で規定された五つの刑。笞(ち)・杖(じょう)・徒(ず)・流(る)・死をさす。五罪。
引用元:五刑(ごけい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%BA%94%E5%88%91-64465#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89