大隈重信が務めた大臣「外務大臣」「農商務大臣」「内閣総理大臣」 第1回衆議院議員総選挙の議席獲得政党「立憲自由党」「大成会」「立憲改進党」「国民自由党」

069QIhRERC
次のうち
大隈重信が務めた大臣を
全て選びなさい
外務大臣(答)
大蔵大臣
文部大臣
農商務大臣(答)
内閣総理大臣(答)

CIMG5768
次のうち、日本の第1議会で
議席を持っていた政党を
全て選びなさい
中央交渉部
立憲改進党(答)
立憲帝政党
立憲自由党(答)
大成会(答)
国民自由党(答)
lcZGJtb
引用元:第1回衆議院議員総選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99

◯×
板垣退助の「自由党」と大隈重信の「立憲改進党」は同じ年に結成された
×(答)
立憲自由党=1890
立憲改進党=1882

大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日(1838年3月11日) – 大正11年(1922年)1月10日)は、日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。位階勲等爵位は従一位大勲位侯爵。
政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣(第3・4・10・13・28代)、農商務大臣(第11代)、内閣総理大臣(第8・17代)、内務大臣(第30・32代)、貴族院議員などを歴任した。早稲田大学の創設者であり、初代総長である。
>所属政党
(立憲改進党→)
(無所属→)
(立憲改進党→)
(進歩党→)
(憲政党→)
憲政本党
>人物像[編集]
日本の暦を現在でも使われているグレゴリオ暦に変えた。
>日本最初の鉄道が新橋~横浜間に建設された際、そのゲージ(軌間)を1067mm(狭軌。現在のJR在来線の軌間)に決めたのは大隈である。イギリス人技師の説明を聞いて大隈が決めたのだが両者ともに「日本の鉄道なら狭軌で十分」という感覚だったといい、「我輩の一世一代の失策」と大隈は後日語っていたという(池田邦彦「鉄道史の分岐点」イカロス出版、2005年)。なお、「日本の改軌論争」も参照。
>大隈はメロンが大好物で、外国から持ち帰り日本で初めてメロンを栽培したと言われている。
>お金を表す指のサインを考えた人物である。彼は通貨を設定するときにお金(硬貨)は円だから、誰でもお金のことだと分かるようにこのサインを使って説明した。
引用元:大隈重信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9A%88%E9%87%8D%E4%BF%A1

第1回衆議院議員総選挙(だい1かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1890年(明治23年)7月1日に行われた日本の帝国議会(衆議院)議員の選挙である。
>内閣[編集]
第1次山縣有朋内閣(第3代)
KCoCZRp
引用元:第1回衆議院議員総選挙 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99