『五奉行』石田三成「司法・一般行政」長束正家「知行・兵糧」前田玄以「公家・寺社」 浅野長政「文禄の役で軍監」 増田長盛

073suqfvgrfoui
豊臣秀吉のもとで政治を
執り行った五奉行のうち
特に財政を担当したのは?
田正三束長
前家以石玄
長束正家(答)
39%

036hHIdGRcKWf
文禄の役では軍監を務め
関ヶ原の戦いでは徳川方についた
豊臣秀吉の五奉行の一人は?
野正盛長束
浅政田増井
浅野長政(答)

081lpRYIPc
次の旗印と
その旗印を使った戦国武将の
正しい組み合わせを選びなさい
(画像選択肢)
A大一大万大吉───石田三成
B赤鳥───今川義元
C竹に雀紋───伊達政宗
84%


次のうち、豊臣秀吉が設置した
「五大老」に含まれる戦国武将を
全て選びなさい
前田利家(答)
小早川隆景(答)
増田長盛
69%

009CxSWALFGSM
次のうち、豊臣秀吉が設置した
「五奉行」に含まれる戦国武将を
全て選びなさい
◯長束正家
×前田利家
×徳川家康
◯浅野長政
◯石田三成
◯増田長盛
◯前田玄以
×毛利輝元
×宇喜多秀家

麻の身なりの/ゲイに/なつかれました
(浅野長政(あさのながまさ)・石田三成(いしだみつなり))(前田玄以(まえだげんい))(長束正家(なつかまさいえ)・増田長盛(ましたながもり))

[句意]麻服の身なりのゲイになつかれました、という句。「増田」「長束」の読みには注意。なお当時は、「五奉行」の呼び名は無く、は「年寄共」などと呼ばれていた。
五奉行の覚え方 – 東海林直人のゴロテマ日本史

豊臣政権の職制。1598年(慶長3)7月ごろ豊臣秀吉の死を前にして設置された。前田玄以,浅野長政,増田(ました)長盛,石田三成,長束(なづか)正家の五名で構成される。豊臣氏の奉行は政権の樹立以来存在し,初期の奉行には桑原貞也,杉原家次,細井方成,石田三也(成),増田長盛,大谷吉継,伊藤秀盛など多くの人名を挙げることができる。そしてその職制は1585年(天正13)秀吉の関白就任を機として,整備されたと考えられるが,このとき五奉行が設置されたとする《太閤記》の記事は事実ではない。
引用元: 五奉行 とは – コトバンク

主に司法担当 – 浅野長政(筆頭・甲斐甲府22万石)
主に行政担当 – 石田三成(近江佐和山19万石)
主に土木担当 – 増田長盛(大和郡山22万石)
主に財政担当 – 長束正家(近江水口5万石)
主に宗教担当 – 前田玄以(丹波亀山5万石)
引用元: 五奉行 – Wikipedia

豊臣政権の職制。豊臣秀吉の遺言状案では〈おとな五人〉といわれ,1598年(慶長3)9月の起請文写しでは五奉行と合わせて十人の衆と呼ばれている。豊臣政権最高の施政機関で,構成は徳川家康,前田利家,毛利輝元,宇喜多秀家,上杉景勝からなり,家康と利家とが上首であった。1595年(文禄4)の起請文前書によれば,家康は坂東の法度置目公事篇の儀を,輝元と小早川隆景とは坂西のそれを委任されているし,秀吉の遺言状によれば利家は秀吉の盟友であって豊臣秀頼の傅(ふ),宇喜多秀家は豊臣氏と一体であった。
引用元: 五大老 とは – コトバンク

次の戦国武将の「五奉行」に数えられる武将と、その担当の正しい組み合わせを選びなさい
前田玄以───公家・寺社
石田三成───司法・一般行政
長束正家───知行・兵糧