『カレーの市民』ロダンの彫刻 『弓を引くヘラクレス』ブールデル

139elIYmwc
このオーギュスト・ロダンの
有名な彫刻は『◯◯◯の市民』?
カレー(答)
『カレーの市民』

『カレーの市民』は日本にもあるのですね。彫刻つながりを復習しましょう。

CIMG4903
代表作に『アポロンの頭』
『弓を引くヘラクレス』
があるフランスの彫刻家は?
ロダン
ブールデル(答)
ジャコメッティ
マイヨール

カレーの市民 (カレーのしみん、仏: Les Bourgeois de Calais)は、オーギュスト・ロダン作の著名な彫刻のひとつで、1888年に完成した。 「カレーの市民」は、百年戦争時の1347年、イギリス海峡におけるフランス側の重要な港カレーが、一年以上にわたってイギリス軍に包囲されていた際(カレー包囲戦)の出来事に基づいて作られている。
>『カレーの市民』の制作と展示[編集]
この作品は1880年、カレー市長により町の広場への設置が提案された。通常なら戦勝記念のモニュメントだけが建設されるが、フランスは普仏戦争の敗北で破壊的被害を受けており、若者の犠牲を表彰することが切望されていた。しかしロダンの作品は論争を生じた。市民を英雄的表現ではなく、むしろ陰気で疲れきった姿として描き出したからである。
>オリジナルの鋳型から作られる像のエディション数は12となっており、すべてのエディションが1995年までに鋳造され各地の施設や美術館に納められた。エディションの1番目は現在もカレー市庁舎前にある。
引用元:カレーの市民 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B8%82%E6%B0%91

作品解説
1884年、カレー市民はかねて懸案になっていた、同市を救った恩人、ウスターシュ・ド・サン・ピエールの記念碑建設を決定し、ロダンが指名された。ウスターシュは、中世百年戦争の時代、イギリス国王が1347年に英仏海峡を越えて同市を包囲した際、他の5人の地位の高いカレー市民と共に人質としてイギリス国王の陣営に赴き、カレー市と市民の生命を救ったのであった。年代記を読んで感動したロダンはウスターシュ一人の代わりに6人の市民がそれぞれの絶望と苦悩のうちに、市の鍵を手に、首に縄を巻いて裸足で市の門を出て行く群像を作り上げた。英雄の華々しい身振りを期待していた市当局はロダンの感動的な人間像を理解できずにこれを拒否し、カレー市で除幕式が行なわれたのは完成後7年経ってからだった。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 138)
引用元:オーギュスト・ロダン | カレーの市民 | 収蔵作品 | 国立西洋美術館 http://collection.nmwa.go.jp/S.1959-0008.html

アントワーヌ・ブールデル(仏:Antoine Bourdelle 1861年10月30日-1929年10月1日)は、フランスの彫刻家である。
>主要作品[編集]

ブールデル「弓をひくヘラクレス」(メトロポリタン美術館)
ブールデルの名を不朽のものにした作品に1909年の「弓をひくヘラクレス」がある[1]。この作品は、ギリシア神話の英雄ヘーラクレースにまつわる「十二の功業」の一つに主題を借りており、へラクレスが怪鳥ステュムファリデスを射るために渾身の力で大弓をひき、今まさに矢を放たんとする瞬間を描いたものである[1]。日本では東京上野の国立西洋美術館に展示されている[1][注釈 1]。
引用元:アントワーヌ・ブールデル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%AB

作品解説
ブールデルの名を不朽のものとした本作品は、ギリシャ神話の英雄へラクレスの「十二の功業」の一つに主題を借りている。へラクレスが怪鳥ステュムファリデスを射るために渾身の力で弓をひき、まさに矢を放とうとする瞬間を捉えている。隆々たる筋肉におおわれた緊張感あふれるヘラクレスの肉体は、ロダンのなまなましく息づいているような人体と比較するならば、驚嘆すべきエネルギーに満ちている。1910年のソシエテ・ナショナル・デ・ボザールのサロンに出品された本作品は、極めて好意的に迎えられ、批評家シャルル・モーリスは「レアリスムがイデアリスムの域にまで達している」と絶讃した。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 142)
引用元:エミール=アントワーヌ・ブールデル | 弓をひくヘラクレス | 収蔵作品 | 国立西洋美術館 http://collection.nmwa.go.jp/S.1966-0002.html

作品解説
1900年に制作されたこの作品は、ブールデルの芸術形成において極めて重要な意義を持っている。ブールデルは、1893年以来ロダンの助手として彼の強い影響を受けたが、同時に、ロダンの彫刻に対して鋭い批判の眼をも向けるようになった。人間的な苦悩や愛を超越した、より深い精神的調和を目指すブールデルにとって、ロダンの彫刻は、あまりにも現象的なものの追求にとらわれていると映じたのである。引きしまった顔立ち、硬質で鋭角的な構成力は、この作品に理知的ともいえる性格を付与しているが、同時に、新たな地平を切り開いた若き彫刻家のみずみずしい感性をも伝えている。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2006. cat. no. 141)
引用元:エミール=アントワーヌ・ブールデル | 首のあるアポロンの頭部 | 収蔵作品 | 国立西洋美術館 http://collection.nmwa.go.jp/S.1969-0001.html