「大野晋」おおのすすむ 『日本語練習帳』で知られる言語学者

005cPHqSXA
ベストセラー『日本語練習帳』
でも知られる言語学者です
大野晋
おおのすすむ

無関係ですが、ヒルズ族の藤田晋さんは「ふじたすすむ」です。

大野 晋(おおの すすむ、1919年(大正8年)8月23日 – 2008年(平成20年)7月14日)は、日本の国語学者。文学博士。学習院大学名誉教授。
>東京府東京市深川区(現・東京都江東区)生まれ。古代日本語の音韻、表記、語彙、文法、日本語の起源、日本人の思考様式など幅広い業績を残した。特に『岩波古語辞典』の編纂や、日本語の起源を古代タミル語にあるとしたクレオールタミル語説で知られる。ほかに上代特殊仮名遣の強調、係り結びの倒置説、品詞の割合とジャンルとの関連性を指摘した大野の法則なども知られる。主著は『日本語の起源』『日本語の文法を考える』『日本語の形成』『日本語練習帳』など。
引用元:大野晋 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E6%99%8B

どうすればよりよく読めて書けるようになるか.何に気をつけどんな姿勢で文章に向かえばよいのか.練習問題に答えながら,単語に敏感になる習練から始めて,文の組み立て,文章の展開,敬語の基本など,日本語の骨格を理解し技能をみがく.学生・社会人のために著者が60年の研究を傾けて語る日本語トレーニングの手順.
引用元:日本語練習帳 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/43/9/4305960.html