「中先代の乱」北条時行が鎌倉幕府再興のため挙兵 先代(北条氏)と後代(足利氏)の間

025ierlLwv
1335年に第14代執権北条高時の子
時行が、鎌倉幕府復興のため挙兵
したことを◯◯◯の乱という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
なかせんだい(答)
「中先代の乱」

中先代の乱(なかせんだいのらん)は、1335年(建武2年)7月、北条高時(鎌倉幕府第14代執権)の遺児時行が、御内人の諏訪頼重らに擁立され、鎌倉幕府再興のため挙兵した反乱。先代(北条氏)と後代(足利氏)との間にあって、一時的に鎌倉を支配したことから中先代の乱と呼ばれている。また、鎌倉支配が20日余りしか続かなかったことから、廿日先代(はつかせんだい)の異名もある[1]。
引用元:中先代の乱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%85%88%E4%BB%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
中先代の乱
なかせんだいのらん

建武2 (1335) 年7月北条高時の遺子時行が,信濃の諏訪頼重らの援助で鎌倉幕府再興を企て,足利直義を破って鎌倉を占拠したが,8月足利尊氏に鎮圧された事件。中先代というのは,先代 (高時以前) と当代 (足利氏時代) との中間の代の意で,時行の鎌倉占拠の期間をさし,また時行自身をさしていう。
引用元:中先代の乱(なかせんだいのらん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E5%85%88%E4%BB%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1-107713