「オスタルギー」旧東ドイツへの郷愁 東「オスト(Ost)」

261EdgRHuM
東ドイツがあった時代の
ノスタルジーのことを
ドイツ語で「東」を意味する
言葉から何という?
スーギタオル
オスタルギー(答)

オスタルギー(ドイツ語: Ostalgie)とは、東ドイツの存在した時代、および当時の事物への郷愁のことである。ドイツ語で「東」をあらわす「オスト(Ost)」と「郷愁」をあらわす「ノスタルジー(Nostalgie)」の合成語。
>そのため、ドイツ再統一は「対等統一」は名ばかりの「西による東の吸収合併」という事態になり、「統一のユーフォリア」から醒めると旧東独には厳しい現実が待ち構えていた。
>「オッシー」と「ヴェッシー」[編集]
このような統一後の状況は旧東独国民と旧西独国民の間に見えない溝を作った。旧東独国民は「オッシー」と呼ばれ、旧西独国民は「ヴェッシー」と呼ばれた。「オッシーはヴェッシーに敗れた」という敗北感を東ドイツの消滅とその後の旧東独地域の経済低迷に感じざるを得なかった。
また、シュタージなど旧東独の負の側面も次第に判明することになり、オッシーは自分たちの時代や社会が否定されたという失望を感じるに至った。
その中で「旧東独時代も悪いことばかりではなかった」という郷愁の念がオッシーたちの間に生まれ、それが「オスタルギー」と呼ばれるに至った。
引用元:オスタルギー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC