「オゴタイ」チンギス・カンの三男 モンゴル帝国2代皇帝 

009yZXSTsD
チンギス・カンの後を受け
モンゴル帝国の第2代皇帝と
なったチンギス・カンの三男は
◯◯◯◯? ◯を答えなさい
オゴタイ(答)

jBJrhys
引用元:モンゴル帝国の発展 http://www.geocities.jp/timeway/kougi-42.html

フビライと混同していました。
オゴタイはクビライの三男で、フビライは四男トルイの子でチンギス・カンの孫のようです。
四ハン国も復習しましょう。

007WmRRutO
モンゴル帝国の創設者
チンギス・ハンの幼名
鉄木真
テムジン(答)
67%

778drRHvyM
モンゴル帝国の一部
首都はサライ
モスクワ公国の独立後に崩壊
バトゥが建設
イル・ハン国
キプチャク・ハン国(答)
オゴタイ・ハン国
チャガタイ・ハン国
引用元:わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/?p=20639&preview=true

チンギス・カン(モンゴル語:Cinggis qagan.svg、キリル文字:Чингис хаан、ラテン文字化:Činggis Qan または Činggis Qa’an、漢字:成吉思汗、英語:Genghis Khan、1162年5月31日 – 1227年8月25日)は、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 – 1227年)。
引用元:チンギス・カン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3

長男のジュチは母ボルテがメルキトに囚われた後に生まれた事からチンギスの胤か?と疑う声があり。
次男のチャガタイは厳格な性分から、これを信じ兄を軽んじていたので、温厚なジュチも気分を害し両者の仲は非常に険悪であった。
チンギス自身はジュチを拘りなく扱い、ボルテに対する愛情も変わらず以後8人もの子供を産ませている。
だがやはり心中屈託していたのか、後に讒言を信じ、ジュチが謀反を企んで領地に引きこもっていると思い込み、
チャガタイとオゴタイに討伐を命じた。その途中でジュチが無実で、病死した事を知り大いに悲しんだ。

それまで二人の兄の間を取り持っていたのが三男のオゴタイである。兄弟達から一目おかれ、鷹揚で太っ腹なオゴタイをチンギスは高く評価して後継のハンとして指名する。

四男のトゥルイは次期ハンとは別に、チンギス家の末子として遺産を相続できる立場からか冷静を貫いた。
後のオゴタイ時代の行動から、あまり権勢には興味が無く、戦争に情熱を注ぐ武人気質の人物だったらしい。

四人の皇子達は個性は違ったが知勇に優れた人物で、父の覇業を良く手伝い、帝国の発展に寄与した。
チンギスはジュチに狩猟、チャガタイに法律、オゴタイに財産、トゥルイに戦争の管理を委ねさせた。
引用元:チンギス・ハンとは (チンギスハンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%B3

オゴデイ(Ögödei、Ögedei、Ogedei qaghan.svg)はモンゴル帝国の第2代モンゴル帝国皇帝(カアン、大ハーン)。モンゴル帝国の君主で初めて自らの君主号をカンに代えてカアン(Qa’an<Qaγan)と名乗った人物と考えられている。
>チンギス・カンの三男。母はボルテ。ジョチ、チャガタイの弟、トルイの兄。
引用元:オゴデイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%83%87%E3%82%A4

世界大百科事典 第2版の解説
オゴタイ・ハーン【Ögödei Khan】

1186‐1241
モンゴル帝国の第2代皇帝。在位1229‐41年。廟号は太宗。オゴデイ・ハーンともいう。オゴタイ・ハーン国の開祖。チンギス・ハーンの第3子。前代以来未解決の征服事業の達成をめざし,ホラズム国を完全に滅ぼしてイランを平定し,1234年に親征して金朝を滅ぼした。内政面では,モンゴル高原に対しては井戸を開削して牧地の拡充を図り,家畜税を定め,農耕地帯に対しては戸口調査をして新税法を定め,税収の確保につとめた。
引用元:オゴタイ・ハーンとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%AA%E3%82%B4%E3%82%BF%E3%82%A4%EF%BD%A5%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B3-1151615

フビライ(モンゴル語:Qubilai qaghan.svg Qubilai, Khubilai、1215年9月23日 – 1294年2月18日)は、モンゴル帝国の第5代皇帝(大ハーン)。同時代のパスパ文字モンゴル語およびモンゴル文字などの中期モンゴル語のラテン文字転写では Qubilai Qa’an、Qubilai Qaγan。現代モンゴル語のキリル文字転写ではХубилай хаан。漢字表記は忽必烈。『集史』をはじめとするモンゴル帝国時代のペルシア語表記(『集史』「クビライ・カアン紀」など)では قوبيلاى قاآن Qūbīlāī qā’ān など書かれる。
>1215年にチンギス・カンの四男トルイの子として生まれた。母はケレイト部族出身のトルイの正夫人ソルコクタニ・ベキで、トルイがソルコクタニとの間に設けた4人の嫡出子のうちの次男にあたり、兄に第4代皇帝となったモンケ、弟にイルハン朝を開いたフレグ、クビライとモンゴル皇帝(カアン)位を争ったアリクブケがいる。青年時代の事歴についてはほとんど知られていない。
引用元:クビライ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%93%E3%83%A9%E3%82%A4