ノーマン・メイラー WWⅡ『裸者と死者』ノンフィクション作家

007bQPRcsEFjs
『死刑執行人の歌』『夜の軍隊』
『裸者と死者』などの代表作が
あるアメリカのノンフィクション
作家はノーマン・◯◯◯◯?
ンテメイラ
ーマスアナ
メイラー
「ノーマン・メイラー」

ノーマン・キングズレー・メイラー(Norman Kingsley Mailer、1923年1月31日 – 2007年11月10日)は、アメリカ合衆国の作家。ノンフィクション小説の革新者。
>メイラーは1944年に陸軍第112騎兵連隊に入隊し、レイテ島の戦いとルソン島の戦いに従軍した。1945年の終戦と同時に進駐軍の一員として千葉県の館山に上陸、その後銚子に移った。1946年には福島県の小名浜(現在のいわき市)に移り、その後5月に帰国するまで銚子に滞在した。1948年、パリのソルボンヌ大学に入る前に、ベストセラーとなる『裸者と死者』を書いた。それは彼自身の戦中の経験に基づいたものであり、第二次大戦を描いた最良のアメリカ小説のうちの1つとされる。 同作品には銚子の様子の描写があり、彼は後に日本語版の翻訳者に「日本は私が見た国のうちでもっとも美しい国でした」との印象を述べている。