「サータヴァーハナ」朝 デカン高原一体 ローマ帝国と交易 「マウリヤ朝」チャンドラグプタによるインド初統一王朝 「孔雀王朝」

091hRIXyHy
025uFpRMQN
デカン高原一帯を支配
ローマ帝国と交易
首都はプラティシュタナ
別名はアーンドラ朝
サータヴァーハナ朝(答)
マウリヤ朝
グプタ朝
クシャーナ朝

WCEYTjz
引用元:s2aszack_dbf.jpg (1154×694) http://blog-imgs-60.fc2.com/g/e/i/geinouchan/s2aszack_dbf.jpg

020RHBIHthYsQ
都はパータリプトラ
別名「孔雀王朝」
チャンドラグプタが創始
インド初の統一王朝
アーンドラ朝
クシャーナ朝
マウリヤ朝(答)
ヴァルダナ朝
グプタ朝


ナーランダ僧院
4世紀にインド北部を統一
首都はパータリプトラ
チャンドラグプタ1世が創始
グプタ朝(答)


都はプルシャプラ
中国では「貴霜朝」
ガンダーラ美術
カニシカ王
クシャーナ朝(答)


首都はカナウジ
古代北インドを統一
唐の僧・玄奘が訪れる
ハルシャ・ヴァルダナが創始
ヴァルダナ朝(答)

CIMG3794uMRCrKgWenJX
中国では「華氏城」と呼ばれた
古代インド、グプタ朝の都は
プルシャプラである
→×
○パータリプトラ

CIMG5194
次のうち、かつてインドに
存在した王朝を1つ選びなさい
◯マウリヤ朝
◯クシャーナ朝
×アラウンパヤー朝 ミャンマー
×ファーティマ朝 イスラム
×パガン朝 ミャンマー
×ウマイヤ朝 イスラム
×アユタヤ朝 タイ
◯サータヴァーハナ朝


次の古代インド王朝を古い順に選びなさい
→マウリヤ朝 BC317
→クシャーナ朝 1C
→グプタ朝 320
→ヴァルダナ朝 7C


次のインドの王を時代が古い順に選びなさい
→チャンドラグプタ
→アショーカ王
→カニシカ王
→チャンドラグプタ2世
→ハルシャ・ヴァルダナ


仏教に帰依したインドの王様でアショーカ王といえば何朝の王様?
→マウリヤ朝

ですが、カニシカ王といえば何朝の王様?
→クシャーナ朝


都はプルシャプラ
中国では「貴霜朝」
ガンダーラ美術
カニシカ王
→クシャーナ朝


次の文字列を順に選んでインドのサータヴァーハナ朝の最盛期を築いた王の名前にしなさい
→ガウタミー
→プトラ
→シャータ
→カルニ

インドということばは、ヒンドゥーと同じ語源から出てきたことばで、西方の人々、とくにアレクサンドロス大王の軍勢がインダス川岸に到達したとき、そこに住んでいた人々をヒ(シ)ンドゥー、その土地をヒンド(インド)とよんだことに始まるとされている。したがって、インドという呼び方は外国人によるものであり、当時のインド人自身は、自分の住んでいる土地をバーラトと称した。バーラトとは『マハーバーラタ』という物語名にも残っているように、もともとは北インド、とくにガンジス川中流域をさすことばであった。
引用元:インド史(インドし)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E5%8F%B2-33088
RAXJvld
引用元:81306024010061.jpg (950×379) https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/81306024010061.jpg

サータヴァーハナ朝(Sātavāhanas 前3c?前1c?〜後3c初頭)は、古代インドの王朝である。プラーナ文献では、アーンドラ朝(Andhras)とよばれる。サータヴァーハナが王家名で、アーンドラが族名である。デカン高原を中心とした中央インドの広い範囲を統治した。パックス・ロマーナ期のローマ帝国と盛んに海上交易を行い、商業が発達した。この時期の遺跡からは、ローマの貨幣が出土することで有名である。王たちは、バラモン教を信仰したが、仏教やジャイナ教も発展した。
引用元:サータヴァーハナ朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%8A%E6%9C%9D

マウリヤ‐ちょう 〔‐テウ〕 【マウリヤ朝】
 《 Maurya 》古代インド、マガダ国に興った王朝。前317年ごろ、チャンドラグプタがナンダ朝を滅ぼして建設。都はパータリプトラ。第3代アショカ王のころ全盛期となり、インド史上最初の統一国家を築いたが、王の没後急速に衰え、前180年ごろスンガに滅ぼされた。仏教を全インドとその周辺に広めた。孔雀王朝。
引用元: マウリヤ朝 とは – コトバンク

マウリヤ朝という王朝名の由来は正確には分かっていない。幾つかの伝説やそれに基づく学説が存在するが現在の所結論は出ていない。
チャンドラグプタがパトナ地方のモレ(More)又はモル(Mor)の出身であったことから。
孔雀を意味する語マユーラ(モーラ)から。
チャンドラグプタの母の名、ムラーから。
この他にも様々な説があるが、いずれも問題が多い。
引用元: マウリヤ朝 – Wikipedia