「デカダンス」19世紀末西欧での退廃主義的芸術

011SjLBbKx
ボードレールやランボーに代表
される、19世紀末にヨーロッパで
流行した退廃主義的な芸術は?
カタカナ5文字で答えなさい
デカダンス(答)
décadence

デカダンス(フランス語: décadence)は退廃的なこと。
特に文化史上で、19世紀末に既成のキリスト教的価値観に懐疑的で、芸術至上主義的な立場の一派に対して使われる。フランスのボードレール、ランボー、ヴェルレーヌ、イギリスのワイルドらを指す(デカダン派を参照)。
引用元:デカダンス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9

デカダン派(デカダンは、退廃派、頽廃派、退廃主義、フランス語: décadentisme、デカダンティスム、mouvement décadent、デカダン(ス)運動、décadisme、デカディスム)とは、19世紀のヨーロッパ文学、とくにフランス文学の中の文学運動。「デカダンス」という呼び名は最初敵対する批評家たちがつけたものだが、後にはそれに属する作家たちが、19世紀後期の象徴主義あるいは耽美主義運動に関係し、初期ロマン主義のナイーヴな自然観の上で巧妙さを楽しんだ多くの世紀末作家たちに対してこの言葉を使った。作家たちの中にはゴシック小説の伝統、およびエドガー・アラン・ポーの詩・フィクションに影響を受けた者もいた。
引用元:デカダン派 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E6%B4%BE

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
デカダンス
デカダンス
décadence

「衰退」を意味するフランス語で,ローマ帝国の末期や江戸化政度の文化的爛熟のはての頽唐をいうが,特に 19世紀末のフランスに興った文学的傾向をさし,世紀末芸術,象徴主義と同義に使われる。
引用元:デカダンス(デカダンス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9-100742