「沢村惣之丞」亀山社中に傘下した土佐藩士 川端平助誤殺で切腹

024qNlXPZL
幕末期の土佐藩士
土佐藩を脱退し勝海舟の門下へ
坂本龍馬の亀山社中に参加
薩摩藩士・川端平助を殺害し切腹
沢村惣之丞(答) さわむらそうのじょう
武市瑞山 たけちずいざん
池内蔵太 いけくらた
中岡慎太郎 なかおかしんたろう

沢村 惣之丞(さわむら そうのじょう、天保14年(1843年) – 慶応4年1月25日(1868年2月18日))は、幕末の土佐の人物。別名に沢村延世・前河内愛之助・関雄之助などがある。
土佐国土佐郡潮江村(現高知県高知市潮江)の浪人の子として生まれる。間崎哲馬に師事し、学問を学ぶ。その後土佐勤王党に加入した。
文久2年(1862年)に吉村虎太郎と共に土佐藩を脱藩する。武市半平太への現状報告のため一時帰国するが、その後坂本龍馬らと再び脱藩している。勝海舟の門下生となり、海援隊に属す。
慶応3年(1867年)には坂本龍馬暗殺(近江屋事件)の容疑者であった三浦休太郎の暗殺計画に参加するが、失敗に終わった(天満屋事件)。
引用元:沢村惣之丞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E6%9D%91%E6%83%A3%E4%B9%8B%E4%B8%9E

武市 瑞山(たけち ずいざん)は、日本の志士、武士(土佐藩郷士)。土佐勤王党の盟主。通称は半平太で、武市 半平太(たけち はんぺいた)と呼称されることも多い。幼名は鹿衛。諱は小楯(こたて)。号は瑞山または茗澗。変名は柳川左門。後に柳川左門と変名した際は雅号を吹山とした。
土佐藩郷士・武市正恒(白札格、51石)の長男。母は大井氏の娘。妻は土佐藩郷士・島村源次郎の長女・富子。子女はなし。坂本龍馬とは遠縁にあたる。
>優れた剣術家であったが、黒船来航以降の時勢の動揺を受けて攘夷と挙藩勤王を掲げる土佐勤王党を結成。参政・吉田東洋を暗殺して藩論を尊王攘夷に転換させることに成功した。
引用元:武市瑞山 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%B8%82%E7%91%9E%E5%B1%B1

池 内蔵太(いけ くらた、天保12年(1841年) – 慶応2年5月2日(1866年6月14日))は、幕末期の土佐藩の郷士。諱は定勝。別名に細川左馬之助。細井徳太郎。
土佐藩士の中でも身分の低い微禄の家柄の息子として生まれた。1861年、江戸に出て安井息軒に師事し、様々な藩の志士と交流した。武市半平太と共に土佐勤王党の結成に尽力する。
>1865年、坂本龍馬が亀山社中を結成すると、池内蔵太はそれに入社して龍馬と共に海軍創設に尽力する。しかし1866年、長崎から薩摩藩へ小型帆船・ワイルウェフ号を回航する途中で台風のため難破し、死亡する。享年26。
あまりに若すぎる死であり、龍馬は自分の後継者として期待していた内蔵太の死去を聞いたときに、「わしより先に死ぬ奴があるか。わしより生きれば、わし亡き後の海援隊を継がせるつもりだったのに」と嘆き悲しんだといわれている。
引用元:池内蔵太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E5%86%85%E8%94%B5%E5%A4%AA

中岡 慎太郎(なかおか しんたろう、天保9年4月13日(新暦・1838年5月6日) – 慶応3年11月17日(新暦・1867年12月12日))は、日本の志士(活動家)。陸援隊隊長。名は道正。通称ははじめ福太郎(福五郎とも)、光次、のち慎太郎。号は遠山・迂山など。変名は石川清之助(誠之助)など。贈正四位(1891年(明治24年)4月8日)。
>長州藩への冤罪・雄藩同士の有害無益な対立・志士たちへの弾圧を目の当たりにして、活動方針を単なる尊皇攘夷論から雄藩連合による武力倒幕論に発展させる(中岡慎太郎自身のこの頃の手紙による)。そして、長州藩の桂小五郎(木戸孝允)と薩摩藩の西郷吉之助(隆盛)との会合による薩長同盟締結を志士たちの第一の悲願として活動し始める。三条実美とも連絡を取りつつ脱藩志士たちのまとめ役として、薩摩と長州の志士たちの間を飛び回り、亀山社中(後の海援隊)を結成した坂本龍馬や三条の随臣・土方楠左衛門(土方久元)をも説き伏せて巻き込んで行き、慶応2年1月21日(1866年3月2日)(あるいは22日(3日))、京都二本松薩摩藩邸において薩長の和解および薩長同盟を結実させる。
慶応3年2月(1867年3月)、龍馬ともども土佐藩から脱藩罪を赦免される。その後、薩土同盟についても同様に奔走し、まず、5月21日(6月23日)、土佐の乾退助(板垣退助)と薩摩の小松清廉(小松帯刀)・西郷吉之助との間で武力倒幕のための薩土密約の締結に成功する。
>6月27日、かねてから長州で見聞していた奇兵隊を参考に陸援隊を組織し、自ら隊長となり、白川土佐藩邸を陸援隊の本拠地と定める。この頃、討幕と大攘夷を説いた『時勢論』を著す。