「大久保彦左衛門」徳川三代に仕えた「天下のご意見番」家来「一心太助」 江戸時代の侠客「大前田英五郎」「新門辰五郎」「水野十郎左衛門」

065FYllBjx
江戸時代の旗本
一心太助
家康・秀忠・家光に仕える
「天下のご意見番」
大久保彦左衛門(答)
遠山景元
大岡忠相
水野十郎左衛門

011QNuehnA
次の文字列を組み合わせて
江戸時代の有名な侠客の
名前にしなさい
大前田───英五郎
新門───辰五郎
水野───十郎左衛門

82kjAFvXtrZPiY
歌舞伎でも有名な
浅草の花川戸に住んで
町奴の頭領となった
江戸時代初期の侠客は?
院幡兵衛長随
幡随院長兵衛(答)
ばんずいいんちょうべえ
引用元:『テトリス極道(きわめみち)』サクセスのACゲーム 「極附(きわめつき)弁当」東京駅の駅弁 「きわめつき」極札がついていることから 歌舞伎『極付幡随長兵衛』 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/13755/

大久保 忠教(おおくぼ ただたか)は、戦国時代から江戸時代前期の武将。江戸幕府旗本。徳川氏家臣・大久保忠員の八男。兄に大久保忠世、大久保忠佐、大久保忠為ら。幼名は平助。一時忠雄とも名乗った。通称の彦左衛門で有名。子に大久保忠名、大久保包教、大久保政雄らがいる。妻は馬場信成の娘。『三河物語』の著者としても知られる。
>俗に「天下のご意見番」として名高い忠教であるが、旗本以下の輿が禁止された際に「大だらい」に乗って登城したという逸話や将軍・家光にことあるごとに諫言したなどの逸話は後世の講談や講釈の中での創作である。これは太平の世に著書『三河物語』が当時の体制に不満を持っていた武功派の武士たちに支持され、いわばヒーローとして祭り上げられた結果ともいえる。
忠教自身、自分の出世を顧みず常に多くの浪人たちを養ってその就職活動に奔走していたといわれており、様々な人々から義侠の士と慕われていたのは事実ではあるらしい。
引用元:大久保忠教 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BF%A0%E6%95%99

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
大久保彦左衛門 おおくぼ-ひこざえもん

1560-1639 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)3年生まれ。大久保忠員(ただかず)の8男。徳川家康のもとでおおくの合戦にしたがう。徳川秀忠,家光の3代につかえ,戦国生き残りの勇士として旗本中で重きをなした。反骨と奇行で知られ,講談では「天下の御意見番」としてしたしまれた。寛永16年2月1日死去。80歳。三河(愛知県)出身。名は忠雄,忠教(ただたか)。通称は別に平助。著作に「三河物語」。
【格言など】御知行下されずとても,御主様に御不足に思い申すな。過去の定業なり(「三河物語」)
引用元:大久保彦左衛門(おおくぼひこざえもん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%A4%A7%E4%B9%85%E4%BF%9D%E5%BD%A6%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80-39138

一心太助(いっしんたすけ)は、小説・戯曲・講談などに登場する架空の人物とされている人物。初出は「大久保武蔵鐙」とされる。
>職業は魚屋。義理人情に厚く、江戸っ子の典型として描かれることが多い。三代将軍徳川家光の時代に、大久保彦左衛門のもとで活躍したとされる。
名の由来は、腕に「一心如鏡、一心白道」(いっしんにょきょう、いっしんびゃくどう)の入れ墨があったことから。一心如鏡は読み下せば「一心鏡の如し」、白道は二河白道(にがびゃくどう、極楽浄土へ続くとされる道)を指す。
架空の人物というのが定説であり、神奈川県小田原の老舗魚問屋 鮑屋 の主人がそのモデルだとされている。一方、松前屋五郎兵衛建立の「一心太助石塔」と書かれた太助の墓が、港区白金立行寺の大久保家墓所の傍、それも彦左衛門の一番近くに立っており、太助は実在の人物で、若いころ大久保彦左衛門の草履取りだったとも言う。
引用元:一心太助 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E5%BF%83%E5%A4%AA%E5%8A%A9

遠山 景元(とおやま かげもと)は、江戸時代の旗本で、天保年間に江戸北町奉行、大目付、後に南町奉行を務めた人物である。テレビドラマ(時代劇)『遠山の金さん』のモデルとして知られる。幼名は通之進、通称は実父と同じ金四郎(きんしろう)。官位は従五位下左衛門少尉。
引用元:遠山景元 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E5%B1%B1%E6%99%AF%E5%85%83

大岡 忠相(おおおか ただすけ)は、江戸時代中期の幕臣・大名。大岡忠世家の当主で、西大平藩初代藩主。生家は旗本大岡忠吉家で、父は美濃守・大岡忠高、母は北条氏重の娘。忠相の子孫は代々西大平藩を継ぎ、明治時代を迎えた。大岡忠房家の第4代当主で、9代将軍・徳川家重の側用人として幕政においても活躍したことで知られる大岡忠光(後に岩槻藩主)とは遠い縁戚に当たり、忠相とも同族の誼を通じている。
引用元:大岡忠相 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B2%A1%E5%BF%A0%E7%9B%B8

大前田 英五郎(おおまえだ えいごろう、寛政5年(1793年) – 明治7年(1874年)2月26日)は、江戸時代末期に活躍した侠客。栄五郎とも書く。本姓は田島。大場久八、丹波屋伝兵衛と並び「上州系三親分」とも、新門辰五郎、江戸屋寅五郎と共に「関東の三五郎」とも呼ばれて恐れられた。昭和期に好まれ、任侠ものの映画の題材とされた。
>英五郎15歳のとき、武蔵国仁手村の清五郎が父の縄張り内で賭場を開いたため、これを追い払った。この際に賭場で殺傷をおこし、侠客としてしばらく諸国を流浪した。1818年には、新里村山上にて久宮村(現在のみどり市)の侠客であった丈八と争い、丈八を殺害して逃亡した。この結果丈八一家と対立し、和解は1833年のことである。その後、キップのよさと腕っ節の強さから関東一の大親分として名を馳せた。また、侠客どうしの争いを収めるのが上手く、謝礼に貰った縄張りが全国に200ヶ所以上あったといい、「和合人」と呼ばれたという。
引用元:大前田英五郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%89%8D%E7%94%B0%E8%8B%B1%E4%BA%94%E9%83%8E

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
水野十郎左衛門
みずのじゅうろうざえもん

[生]?
[没]寛文4(1664).3.27. 江戸
江戸幕府の旗本。福山城主水野勝成の孫。名,成之。 3000石を領した。旗本奴の大小神祇組の首領として無頼の生活を送った。明暦3 (1657) 年町奴の幡随院長兵衛と争ってこれを殺害。のち幕府にその所業をとがめられて切腹。
引用元:水野十郎左衛門(みずのじゅうろうざえもん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B0%B4%E9%87%8E%E5%8D%81%E9%83%8E%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80-138650

新門辰五郎(しんもん たつごろう、寛政12年(1800年)? – 明治8年(1875年)9月19日)は、江戸時代後期の町火消、鳶頭、香具師、侠客、浅草浅草寺門番である。父は飾職人・中村金八。町田仁右衛門の養子となる。娘の芳は江戸幕府15代将軍・徳川慶喜の妾となる。「新門」は金龍山浅草寺僧坊伝法院新門の門番である事に由来する。生年月日は寛政4年3月5日(1792年4月25日)という説もある。
>江戸の侠客の中でも図抜けた資金力を誇り、支配下の的屋が納める場所代などで、押入の床が抜けたとされる。その資金力をもって、幕末期には、江戸のほか、京都に2軒、大坂堂島に屋敷を構えていた。
辰五郎は明治になってから行われた祭礼で、祭礼の提灯の上側に日の丸、下側に葵紋が書かれていたのを見て激怒し、これを破り捨てた。激怒した理由は辰五郎が徳川家を天皇の上に考えていたからだとされる[2]。
明治の教育家である江原素六は、新門辰五郎を日本の侠客の最後であると評した。
引用元:新門辰五郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%96%80%E8%BE%B0%E4%BA%94%E9%83%8E