「グーツヘルシャフト」農場領主制 中世ドイツの農奴を用いた封建制度

269DJHRAGx
近世初期のプロイセンを中心に
形成された大農場制度を
何という?
ャツルトグヘフーシ
グーツヘルシャフト(答)
Gutsherrschaft

農場領主制(のうじょうりょうしゅせい、独;グーツヘルシャフト(Gutsherrschaft))とは地主貴族である領主(ドイツではユンカーと呼ばれる)が自由農民を農奴化し、その賦役労働によって輸出用穀物の生産を直接おこなう経営形態ないしは領主制度のことである。
引用元:農場領主制 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B2%E5%A0%B4%E9%A0%98%E4%B8%BB%E5%88%B6

世界大百科事典 第2版の解説
グーツヘルシャフト【Gutsherrschaft】

16世紀から19世紀初頭までエルベ川以東のドイツで支配的な領主制であり,同様なタイプは広く東ヨーロッパ地域においても認められる。F.エンゲルスはこれを再版農奴制die zweite Leibeigenschaftと表現し,日本では農場領主制と訳されることもある。この領主制下では農民はラスベジッツLassbesitzというきわめて劣悪な土地保有権のみをもち,領主に人格的に隷属し所領に緊縛されている農奴あるいは世襲隷民Erbuntertanであった。
引用元:グーツヘルシャフト(グーツヘルシャフト)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%95%E3%83%88-55602

ユンカー(独: Junker)とは、エルベ川以東の東部ドイツの地主貴族を指す言葉である[1][2]。
エルベ川以東に領地を持つ中世の騎士たちが直接に農地経営に乗り出すようになったことに始まる。彼らは領地内に直営農地「騎士領(ドイツ語版)」を所有して自身もそこで暮らすというグーツヘルシャフトGutsherrschaftと呼ばれる領地経営を行うようになった。また農民に賦役を課し、さらに領主裁判権・警察権を行使することで農民を強力に支配した。領主が地代取得者にすぎず、直接に農地経営しないグルントヘルシャフトと呼ばれる領地経営を行い、領主裁判権も持たない西ドイツの貴族とは対象的な存在であり、農地が豊かな東部ドイツ特有の貴族であった[3]。
>19世紀初頭の農地改革で農奴制が廃止されたことで、もともと賦役労働(無賃金労働・農奴労働)を前提としていたグーツヘルシャフトは、賃金を支払う資本主義的な「ユンカー経営」に転換されていった[2]。 この時の農地改革で土地売買が自由化されたことで、富裕な市民や農民が貴族から騎士領を買い取るケースも増えた[5]。買い取った彼らがユンカーとなる場合もあった。
引用元:ユンカー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC

Gutsherr 日本語
翻訳と定義 “Gutsherr”, ドイツ語-日本語 辞書 オンライン

翻訳を追加する
日本語への翻訳:

豪農
(noun ) [phon: ごうのう]

おおじぬし

ごうのう

大地主
引用元:Gutsherr – 翻訳 – ドイツ語-日本語 辞書 – Glosbe https://ja.glosbe.com/de/ja/Gutsherr