アリストファネス『雲』 ソクラテスを描いた作品

023wTHWPRF
古代ギリシャの作家
アリストファネスの喜劇
『雲』は誰を描いた作品?
ソクラテス(答)
アリストテレス
プラトン
ディオゲネス

eIJiSWd
とかく詭弁を弄するソフィストたちの攻撃をテーマとした戯曲.ソフィストの代表にソクラテスを登場させたため古来論争を生んだ.――ある男が借金取り撃退のため道楽息子とともに,白いものも黒いと言いくるめることのできるソクラテスに弟子入りして雄弁の術を習うが,息子は習い覚えた詭弁でさんざん父親を悩ませる…….
引用元:岩波書店 雲 http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/4/3210820.html

アリストパネス(古希: Ἀριστοφάνης, Aristophanēs, 紀元前446年頃 – 紀元前385年頃)は、古代アテナイの喜劇詩人、風刺詩人である。アリストファネス、あるいはアリストパネースと長母音でも表記される。代表作はソクラテスに仮託する形でソフィストを風刺した『雲』、デマゴーグのクレオンを痛烈に面罵した『騎士』、アイスキュロスとエウリピデスの詩曲を材に採り、パロディーなどを織り交ぜて優れた文芸批評に仕上げた『蛙』など。
>ペロポネソス戦争に対しては一貫して批判的であり、『女の平和』のような直接に戦争に反対する内容の作品もある。アテナイの同時代の実在の人物、ソクラテスやエウリピデスなどを取り上げて風刺することが多かった。特にエウリピデスは何度か登場し、彼の悲劇『ヒッポリュトス』でのセリフ「舌は誓ったが心は誓わない」は何度ももじって利用している。
引用元:アリストパネス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%8D%E3%82%B9

アリストファネス【Aristophanēs】

前445ころ‐前385ころ
古代ギリシア,アッティカ古喜劇の三大作家のひとり。そして,このアッティカ古喜劇という世界の文学史のなかできわめて特異な場所を占める文芸分野の完成者であり,またその死の証人でもある。彼の創作した喜劇は,20歳前の作と伝えられる《宴の人々(ダイタレス)》(前427)から,《福の神(プルトス)》(前388)に至るまで44編に及ぶと伝えられているが,そのうちの11編,すなわち《アカルナイの人々》(前425),《騎士》(前424),《雲》(前423),《蜂》(前422),《平和》(前421),《鳥》(前414),《女の平和》《テスモフォリアを祝う女たち》(ともに前411),《蛙》(前405),《女の議会》(前392),《福の神》はほぼ完全な形で残っており,そのすべては邦訳によっても読むことができる。
引用元:アリストファネス(アリストファネス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%8D%E3%82%B9-28037