『闇桜』やみざくら 樋口一葉のデビュー作

210yVyICCA
明治の女流作家・樋口一葉の
デビュー作の題名は『◯◯』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
やみざくら
『闇桜』

樋口 一葉(ひぐち いちよう、1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日)は、日本の小説家。東京生まれ。本名は夏子、戸籍名は奈津。
中島歌子に歌、古典を学び、半井桃水に小説を学ぶ。生活に苦しみながら、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった秀作を発表、文壇から絶賛される。わずか1年半でこれらの作品を送ったが、24歳6ヶ月で肺結核により死去。『一葉日記』も高い評価を受けている。
>闇桜(1892年3月『武蔵野』)
幼馴染の園田良之助と中村千代の淡い初恋を描いたもの。千代は良之助への忍ぶ恋情に悩み、ついに病床に臥すようになり儚くなってしまうのであった。結末の「風もなき軒端の桜ほろほろとこぼれて、夕やみの空鐘の音かなし」が題名の由来である。
引用元:樋口一葉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E4%B8%80%E8%91%89

青空文庫
闇桜
樋口一葉
引用元:樋口一葉 闇桜 http://www.aozora.gr.jp/cards/000064/files/4527_27840.html