「デウシルメ」オスマン帝国のキリスト教少年徴用改宗制度 「ミッレト制」オスマン帝国下の宗教自治体

125abDRGny
オスマン帝国において
キリスト教徒の少年を
強制的に徴兵し改宗させた
制度のことを何という?
ウニメカェ
ンルチデシ
デウシルメ(答)

CIMG6334
オスマン帝国が、キリスト教徒の
子どもたちをイスラムに改宗させ
再教育ののち官僚や兵士に用いた
制度をデウシルメという
◯(答)
×ミッレト


オスマン帝国が、キリスト教徒の
子どもたちをイスラムに改宗させ
再教育ののち官僚や兵士に用いた
制度をミッレトという
×(答)
61%

スロット
オスマン帝国で実施されていたイェニチェリの要員確保のため支配下地域のキリスト教徒の少年を徴用した制度を何という?
デウシルメ(答)


中世イスラム世界で君主が軍人に土地を与え 土地の管理と徴税権を委ねた制度は○○○○制?
イクター(答)

キューブ
オスマン帝国内の騎士たちに分与された「軍事封土」の制度
ティマール(答)

デウシルメ【Devşirme】

オスマン帝国政府が支配下のキリスト教徒,具体的にはアルバニア,ギリシア,ブルガリア,セルビア,ボスニア,ヘルツェゴビナ,さらにはハンガリー方面のキリスト教徒農民の男童・少年を対象として,〈カヌーヌ・デウシルメ〉と称する特定の法規に基づき,所定の手続をふんで,定期的に一定人数の徴用を行う制度。徴用目的は将来オスマン王家に専従・奉仕する宮廷使用人や,吏僚ないしイエニチェリ軍団の要員を補充するための必要措置であった。
引用元:デウシルメ(デウシルメ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%A1-100652

ミッレトせい【ミッレト制 millet】

オスマン帝国において公認された宗教共同体。オスマン政府は属地支配,とくに自領内のルーメリア(バルカン)やアルメニアなどに居住する非トルコ系非ムスリム系諸族住民の構成する共同体に対し,保護と支配とを兼ねる特殊な宗教自治体を設けた。これがミッレトである。語源的にはシリア語のメルタmeltaにまでさかのぼりうるアラビア語のミッラmillaに由来する。この制度の沿革はオスマン帝国以前にさかのぼり,古く,ササン朝では,ネストリウス派キリスト教徒に対し適用され,またビザンティン帝国では首都コンスタンティノープル在住のアルメニア人やユダヤ教徒を取り扱う場合にも同様の方式が適用された先例がある。
引用元:ミッレト制(ミッレトせい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%AC%E3%83%88%E5%88%B6-1209334

イクター制
ブワイフ朝で確立した封建的制度。「的」っていうのは、ヨーロッパのfeudalism(封建制)とは似てるけど違うってこと。イクター制は土地を授与してその徴税権などを与えることで、土地や人の支配権は持っていない。ただその後土地を授与された軍人は勢力を強め、土地自体の保有権なども獲得していく。セルジューク朝でも採用された。封建制とのさらなる違いは、封建制が君主を最上位として階層的に構成されていたのに対し、イクター制はLANのスター型のように、個々の徴税権保有者がスルタンと結びついていたこと。

ティマール制
オスマン帝国での封建的制度。兵士に封土を与えて租税の取り立てを行わせた。土地は世襲となっていたが、原則土地は国有であったため、実際は徴税権のみを与えていた。

ミレット制
オスマン帝国で行われていた。ティマール制はイスラム教徒用だったが、ミレット制は異教徒用。納税を条件に自治を認めた制度。

デウシルメ制
オスマン帝国で行われていた軍事制度。キリスト教の子弟を徴集し、イスラム教に改宗させて、スルタンに忠誠を誓わせた。こうして生まれたのがイェニチェリで、その後巨大になったイェニチェリが特権化して政治に干渉しだす。
引用元:イクター制、ティマール制、ミレット制、デウシルメ制 – おいらのぼやき http://d.hatena.ne.jp/hole2006xp/20060227/p1