ルイス・「バラガン」 メキシコの建築家 自宅が世界遺産に登録

025qpYRpOx
その自宅兼仕事場が世界遺産に
登録されている、20世紀の
メキシコを代表する建築家は
ルイス・◯◯◯◯?
ダンテガ
オアガス
スラレー
バラガン(答)
「ルイス・バラガン」
Luis Barragan Morfin

連想
アール・ヌーボーで活躍
自宅は世界遺産に登録
「タッセル邸」「ソルヴェー邸」
ベルギーの建築家
ヴィクトール・オルタ(答)

ルイス・バラガン・モルフィン(Luis Barragan Morfin、1902年3月9日 – 1988年11月22日)はメキシコ人の建築家・都市計画家。水面や光を大胆に取り入れた、明るい色の壁面が特徴的な住宅や庭園を多く設計したことで知られる。また住宅開発を手がける開発業者としても成功した。
>彼はメキシコシティに自宅を建設し(オルテガ邸 Casa Ortega、最初の自邸、1943年、および死ぬまで住んだ家であるバラガン邸 Casa Luis Barragan、1947年-1948年)、庭園設計などさまざまな建築的実験を試みた。
>1980年にはプリツカー賞受賞。1982年、パーキンソン病の悪化のため引退。
1988年に彼は自宅で逝去した。86歳。彼の自宅・アトリエであったバラガン邸は、2004年にユネスコの世界遺産に登録された。
引用元:ルイス・バラガン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%B3

ルイス・バラガン邸と仕事場(Casa Estudio Luis Barragán)は、20世紀メキシコを代表する建築家の一人であるルイス・バラガンが、後半生を過ごした自宅兼仕事場である。2004年に、ユネスコの世界遺産に登録された。
ルイス・バラガンは、1939年頃にメキシコシティ郊外に土地を購入し、その一部に1948年に自宅兼仕事場を建てた。フランシスコ・ラミレス将軍通りの12番地と14番地に位置し、12番地は仕事場、14番地は自宅に当たる。それぞれの建物は結ばれているが、通りに面した入り口もそれぞれについている。
引用元:ルイス・バラガン邸と仕事場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%A9%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%82%B8%E3%81%A8%E4%BB%95%E4%BA%8B%E5%A0%B4