「アベ・シェイエス」 フランス革命を加速『第三身分とは何か』 「アベ」僧侶

136HVLWjGS
1789年に書かれフランス革命の
後押しとなったパンフレット
『第三身分とは何か』で有名な
革命初期に活躍した聖職者は?
・シアエスイェベ
アベ・シェイエス(答)
Abbé Sieyès

kVjMman
引用元:File:Qu’est ce que le Tiers Etat.jpg – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/File:Qu%27est_ce_que_le_Tiers_Etat.jpg

317fmnxpZKgxO
政治家のアベ・シェイエスや
ラファイエットらが所属した
革命期のフランスにおける
立憲君主派は◯◯◯◯派?
ホイリグ
ジラヤド
トーッン
フイヤン(答)
「フイヤン派」

引用元:フランスの革命暦「バンデミエール」第1番の月 「フイヤン派」ジャコバン・クラブから独立したフランスの立憲君主派 「ジロンド派」共和派 「ブリュメール18日のクーデター」 | わかればいいのに I wish I knew http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/10702/

エマニュエル=ジョゼフ・シエイエスまたはシェイエス、シィエス[1]、シーエス[2](Emmanuel-Joseph Sieyès、1748年5月3日 – 1836年6月20日)は、フランスの革命指導者、政治家、聖職者。総裁政府の5人の総裁のひとり(ルーベルの後任)。
>1789年1月刊行の著書『第三身分とは何か』において「フランスにおける第三身分(平民)こそが、国民全体の代表に値する存在である」と訴え、この言葉がフランス革命の後押しとなった[5]。1789年6月17日、国民議会を設立した。
>総裁政府の末期に総裁の1人に就任。強力な政府の樹立のため、軍隊に人気のあるナポレオンに接近してブリュメール18日のクーデターを起こす。クーデター成功により臨時統領の1人に就任するが、統領政府を樹立する過程で、軍事力を有するナポレオンに主導権を奪われ、実権のない元老院議長に棚上げされた。1808年帝国伯爵位を与えられる。
引用元:エマニュエル=ジョゼフ・シエイエス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%82%B9

三部会の第三身分代表として『第三身分とは何か』を発表しアンシャン=レジームを批判した。

アベ=シェイエスともいう。アベとは名前ではなく、僧侶の意味で、彼が聖職者出身であったのでそう呼ばれた。シーエスとも表記。聖職者の出身ではあったが、第三身分の代表として三部会に選出され、1788年に『第三身分とは何か』を発表してアンシャン=レジーム(旧制度)を批判し、フランス革命の口火を切った人物である。
引用元:シェイエス/第三身分とはなにか http://www.y-history.net/appendix/wh1103_1-009_1.html