ドス・パソス 失われた世代の米作家『U.S.A.』三部作 『マンハッタン乗換駅』

021TASnyQwigy
ロストジェネレーションの作家
小説『マンハッタン乗換駅』
第二次世界大戦では戦争特派員に
小説『U.S.A.』
ドス・パソス(答)
フィッツジェラルド
ルー・ウォーレス
アンブローズ・ビアス

ジョン・ドス・パソス
>ジョン・ロデリーゴ・ドス・パソス(John Roderigo Dos Passos, 1896年1月14日 シカゴ – 1970年9月28日 ボルチモア)はアメリカ合衆国の小説家、画家。
>ドス・パソスの代表作「U・S・A」3部作は、『北緯四十二度線』(1930年)、『一九一九年』(1932年)、『ビッグ・マネー』(1936年)から成る。新聞の切り抜き(「ニュース映画」)・作者の意識の流れ(「カメラの目」)・登場人物たちそれぞれのドラマで、20世紀初頭の「アメリカ合衆国」を、虚実織り交ぜて、実験的手法で、眺望したものである。それぞれの小説は独立しているが、3部作としても読めるように出来ている。アメリカの政治・経済に対するドス・パソスの見方はとても悲観的である。第一次世界大戦の間、どの登場人物も自分の理想を保ち続けることができない。
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B9

F・スコット・フィッツジェラルド
>フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド(Francis Scott Key Fitzgerald, 1896年9月24日 – 1940年12月21日)は、アメリカの小説家。一般にはF・スコット・フィッツジェラルドと称される。失われた世代を代表する作家の一人。
>そして1925年には『グレート・ギャツビー』が出版されている。後世、この作品によってフィッツジェラルドは、1920年代アメリカのいわゆる「ジャズ・エイジ」や「フラッパー」の象徴としてのみならず、20世紀アメリカ文学全体を代表する作家達の仲間入りを果たした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%89

ルー・ウォーレス
>ルイス・”ルー”・ウォーレス(英: Lewis “Lew” Wallace、1827年4月10日-1905年2月15日)は、弁護士、州知事、南北戦争のときの北軍将軍、アメリカ合衆国の政治家および著作家であり、歴史小説『ベン・ハー』(Ben-Hur: A Tale of the Christ)を書いたことで最も良く記憶されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%B9

アンブローズ・ビアス
>アンブローズ・ギンネット・ビアス(Ambrose Gwinnett Bierce, 1842年6月24日[2] – ?)は、アメリカの作家、ジャーナリスト、コラムニスト。代表的な著作に、風刺辞書『悪魔の辞典』、短編小説「アウル・クリーク橋の一事件」がある。人間の本質を冷笑をもって見据え、容赦ない毒舌をふるったことから、「辛辣なビアス (Bitter Bierce) 」と渾名された。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%A2%E3%82%B9