『バビロン捕囚』ネブカドネザル2世 バビロンの空中庭園伝説

001sLuhJhxkYlN
紀元前597年にバビロン捕囚を
おこなった新バビロニアの王は
ネブカドネザル2世である

×アメンホテプ4世

ネブカドネザル2世(Nebuchadnezzar, 本来のアッカド語表記ではナブー・クドゥリ・ウツル2世 (Nabû-kudurri-uṣur))は新バビロニア王国の王(在位紀元前605年 – 紀元前562年)。名前の由来については「ナブー神よ、国境の境界石を守りたまえ」の意味など諸説ある。ナボポラッサルの長男。
>紀元前589年にも再びエジプトが侵入し、ユダ王国もこれに乗じて再び反乱を起こしたために紀元前587年に再びエルサレムを包囲し(エルサレム包囲戦(英語版))、翌年陥落させ神殿を破壊した。ユダ王国は属州Yehud(紀元前586年 – 紀元前539年)として併合された。その間得た多くの捕虜は首都バビロンへ連行された。これを「バビロン捕囚」という。
>またネブカドネザル2世に纏わる空中庭園伝説として、彼がバビロンの空中庭園を造営したというものがある。
引用元: ネブカドネザル2世 – Wikipedia

– Imen hetep – 英: Amenhotep IV)は古代エジプト第18王朝の王(ファラオ)で、生年紀元前1362年?~没年紀元前1333年?、在位期間は紀元前1353年?~紀元前1336年?ころである。
>後に改名してEigennameをイクナートン(ヒエログリフ: <-