「デモステネス」古代アテナイの雄弁家 反マケドニアを演説

070qVCRrRz
反マケドニア運動を展開した
古代ギリシャ、アテナイの抗弁家
で、紀元前322年にラミア戦争で
アテナイが敗れて自殺したのは?
テミストクレス
デモステネス(答)
ペイシストラトス
ペリクレス

CIMG5778
サラミスの海戦でペルシャ
を撃破したアテナイの軍人
テミストクレス(答)

デモステネス(古代ギリシア語: Δημοσθένης、ラテン文字転記:Dēmosthénēs、紀元前384年頃 – 紀元前322年)は古代ギリシアの政治家・弁論家である。アテナイの指導者としてギリシア諸ポリスの自立を訴えて反マケドニア運動を展開したが叶わず、自殺へと追い込まれた。
引用元:デモステネス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B9

デモステネス【Dēmosthenēs】

前384‐前322
古代アテナイの政治家,雄弁家。アテナイの富裕な工業家であった父と幼いころに死別し,後見人による不正行為のために遺産を失ったため,若いころから法廷演説の草稿書きや修辞の教師をした。後見人の一人を訴えた演説が最初の民事関係の弁論で,これは当時の社会経済を知る貴重な史料である。前350年代中ごろからは公法および政治問題に関する演説によって法廷と議会で活躍する。フィリッポス2世の率いる新興国マケドニアがギリシア本土の内紛に乗じて勢力を伸張してくる情勢に対抗し,前351年からの10年間に《反フィリッポス演説》と同盟市オリュントスを支援する演説各3編を発表して反マケドニアの立場を鮮明にした。
引用元:デモステネス(デモステネス)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%8D%E3%82%B9-101528

テミストクレス(希語:Θεμιστοκλής、英語:Themistocles 、紀元前524年から520年頃 – 紀元前459年から455年頃)は、 アテナイの政治家・軍人。紀元前493年から紀元前492年まで(諸説あり)、アテナイのエポニュモス・ アルコン(執政官)を務め、アテナイをギリシア随一の海軍国に成長させ、ペルシア戦争の勝利を導いた。
1955年からギリシャで発行されていた旧100ドラクマ紙幣に肖像が使用されていた。
引用元:テミストクレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9

ペイシストラトス(Peisistratos、紀元前6世紀頃 – 紀元前527年)は、古代アテナイの貴族で僭主。七賢人の一人ソロンの友人であったが、政治思想では対立し、彼を亡命に追いやった。
引用元:ペイシストラトス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%88%E3%82%B9

ペリクレス(Περικλής、紀元前495年? – 紀元前429年)は、古代アテナイの政治家であり、アテナイの最盛期を築き上げた政治家として有名である。また、彼と愛人アスパシアとの間に生まれた庶子で、後に軍人になった小ペリクレスと区別して大ペリクレスとも呼ばれる。
引用元:ペリクレス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B9