「フラゴナール」 ロココ期フランスの画家『ブランコ』

034tlZwRjM
『かんぬき』『ブランコ』などの
作品があるフランスの画家
フラゴナール(答)
Jean Honoré Fragonard

『ブランコ』から「フラゴ」あたりの文字が作れると良いですね

ジャン・オノレ・フラゴナール(Jean Honoré Fragonard、1732年4月5日 – 1806年8月22日)は、ロココ期のフランスの画家。
西洋美術史において、18世紀はロココの世紀であった。フラゴナールは、その18世紀の後半のフランスを代表する画家である。フランス・ロココ美術の典型的な画家であるとともに、時代の変化のなかで、ロココ時代の最後を飾った画家ともいえる。
>1767年頃、画家としての絶頂期に描かれた『ぶらんこ』は、庭園に設けられたぶらんこに乗る若い女と、それを低い位置からのぞき見る、愛人の貴族男性を描いたものである。ひとつ間違えば下世話になりかねない主題を品良く描いている。
引用元:ジャン・オノレ・フラゴナール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB

Fragonard, Jean-Honoré
French, 1732 – 1806
The Swing
llZiyJl
引用元:The Swing http://www.nga.gov/content/ngaweb/Collection/art-object-page.46116.html

画面下部中央に描かれる桃色と黄色の衣服に身を包んだ、ぶらんこに乗る若い女性は地面に寝そべり会話を楽しむ複数の男女らの集団に手を振っており、このぶらんこ(に乗る行為)は、ロココ美術が隆盛していた18世紀においては性行為を暗示するものである。また地面で手を振り返す若い男女らも、ぶらんこに乗る女性の揺れる着衣(スカート)の奥を覗き見る行為を楽しんでいる。輝くような光に包まれたこの男女たちの集団や、彼女らが享楽に耽る場所として描かれる美しい森や自然、遠景の色彩はどこまでも軽やかで、そこには人生の苦しみや苦痛(の色)は一切感じさせない。これらの色彩表現や典雅性、快楽性こそロココ様式の典型であり、本作は画家の作品の中でも特にそれらを感じさせる代表作のひとつして数えられている。
引用元:ジャン・オノレ・フラゴナール-ぶらんこ(ブランコ)-(画像・壁紙) http://www.salvastyle.com/menu_rococo/fragonard_balancoire.html