「ミス・ビードル号」太平洋無着陸横断飛行に成功した飛行機

031wrGospB
1931年にヒュー・ハーンドンと
クライド・パングボーンが史上初
の太平洋無着陸横断飛行に成功
した際に乗っていた飛行機は?
ロッキード・エレクトラ
ミス・ビードル号(答)
スピリット・オブ・セントルイス
バターン号

ミス・ビードル号(Miss Veedol)は、日本からアメリカ本土までの最初の太平洋無着陸飛行に成功した飛行機である。
青森県三沢市の淋代海岸を離陸したクライド・パングボーンとヒュー・ハーンドンの乗ったミス・ビードル号は1931年10月5日、ワシントン州ウェナッチ市に着地し、北太平洋を無着陸で横断した最初のパイロットとなった。41時間の飛行であった。パングボーンとハーンドンは1931年のハーモン・トロフィー(その年に最も優れた飛行を行ったパイロットに贈られる賞)を受賞した。
>当時、タイドウォーター石油(en:Tidewater Petroleum)の潤滑油ブランドにビードル(Veedol)があり、ミス・ビードル号の名前の由来になったとされるが、タイドウォーターがパングボーンとハーンドンを支援したかどうかは不明である。
引用元:ミス・ビードル号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E5%8F%B7

ロッキード L-10 エレクトラ(Lockheed L-10 Electra)とは、アメリカ合衆国の航空機メーカーであったロッキードが、ダグラス・エアクラフトのDC-2やボーイング社のボーイング247に対抗するために開発した全金属単葉のレシプロ双発民間旅客機である。
引用元:ロッキード L-10 エレクトラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%89_L-10_%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9

スピリット・オブ・セントルイス号(英語:Spirit of St. Louis)とは、1927年5月21日にチャールズ・リンドバーグによって、ノンストップでの大西洋横断単独飛行に成功したライアン・エアラインズ(Ryan Airlines)製の単発機ライアンNYP-1の愛称である。愛称はリンドバーグによって名付けられた。
製造者による機体命名「NYP-1」は、この機体の唯一の目的である飛行区間「ニューヨーク・パリ」のイニシャルを取って命名された。チャールズ・リンドバーグの依頼を受け、1927年にライアン・エアラインズの技術者ドナルド・A・ホール(Donald Albert Hall 1898-1968)らによって設計され、1機のみ製作された。
引用元:スピリットオブセントルイス号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%8F%B7

バターン号(バターンごう)はアメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー元帥の専用機。マッカーサーが1945年8月30日、厚木海軍飛行場においてアメリカを含む連合国軍による日本占領の第一歩を記したときの乗機として名高いが、これは2機目のバターン号である。
引用元:バターン号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%8F%B7