「将」の部首「寸」部 「党」の部首「儿」部「ひとあし」「にんにょう」 「奮」の部首「大」部「だいかしら」「だいかんむり」

064aMDcRyv
「将」の部首はどれ?
(画像選択肢)
「寸」(答)

820YiZjvqQ
この漢字の部首はどこ?
「党」の画像
「儿」部をタッチ(答)

CIMG0006fwGxidcbfEyk
この漢字の部首はどこ?
「奮」の画像
「大」部をタッチ(答)
だい
だいかしら
だいかんむり

RiYpzkW
引用元:「将」の部首・画数・読み方・筆順 http://kanji.jitenon.jp/kanjib/911.html
引用元:「将」の部首・画数・読み方・筆順 http://kanji.jitenon.jp/kanjib/911.html

寸部(すんぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では41番目に置かれる(3画の12番目)。
寸の字は長さの単位であり、1寸は10分または1/10尺。『説文解字』によると「又」(手の象形)と「一」からなり、手から一寸離れた脈打つところ(寸口)を指すことで寸の距離を表しているという。偏旁の意符としては長さやきまりに関することを示すとされるが、多くは「又」同様、手の動作に関することを示している。
寸部は上記のような意符を構成要素とする漢字を収めている。
引用元:寸部 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%B8%E9%83%A8

儿部(じんぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では10番目に置かれる(2画の4番目)。
「儿」は『説文解字』によると「人」の古文奇字であり、その屈曲した姿は人の下にある仁愛の人を象るという。また『通志』六書略では「人」はヒトの立っている姿、「儿」はヒトの歩いている姿に象るという。偏旁では「人」同様、人間に関わることを表す。また儿部はこれらの字形を筆画の一部としてもつ漢字も分類している。
なお儿部には「兒」(ér 日本の新字では「児」)があるが、その簡化字には「儿」字が当てられている。
部首の通称[編集]
日本:にんにょう、ひとあし
引用元:儿部 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%84%BF%E9%83%A8

KiiTOOl
引用元:「党」の部首・画数・読み方・筆順 http://jiten.go-kanken.com/kanjib/954.html

大部(だいぶ)は、漢字を部首により分類したグループの一つ。康熙字典214部首では37番目に置かれる(3画の8番目)。
大の字はヒトの形に象る。「人」字が側面から見たヒトであるのに対し、大字は正面から見たヒトに象る。後に「大きい」ことを意味するようになった。偏旁の意符においてヒトや大小に関することを示す。
>部首の通称[編集]
日本:だい・だいがしら・だいかんむり
引用元:大部 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%83%A8

JnrzkRS
引用元:「奮」の部首・画数・読み方・筆順 http://jiten.go-kanken.com/kanjib/974.html